携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギーの知られざるリンカーン
山本周五郎
江戸川乱歩
平家物語
立花大敬先生シリーズ
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
昔話日本一
星新一
城谷怪談
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

江戸川乱歩 芋虫

[オーディオブック] 芋虫

江戸川乱歩
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約60分1ファイル 2018年7月発売
本体 500円  税込 540円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? |

内容紹介

時子は母屋の主である少将からの誉め言葉を複雑な思いで噛みしめていた。
「須永中尉の忠烈は、言うまでもなく陸軍の誇りだが、お前さんの貞節は、あの廃人を三年の間嫌な顔一つせずに、自分の欲を捨てて親切に世話をしている。なかなか出来ないことだ――」

時子の夫、須永少尉は戦争で左右の手足を失い、目以外は正常に働くこともなくなった。伝達する手段といえば、口に鉛筆をくわえて書く、目や表情を使うなど以外に持たない肉塊に変わり果ててしまい、まるで大きな芋虫のようであった。

最初の間は少将の誉め言葉を誇らしくも思っていたのだが、この頃ではそれを以前のように受け入れかねた。いつしか時子の内面は、貞淑な妻では無く、情欲にかられる獣のように変わっていたことを自覚していたからである……

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。

関連商品



[オーディオブック]
火星の運河

[著]江戸川乱歩
500円+税



[オーディオブック]
接吻

[著]江戸川乱歩
500円+税


[オーディオブック]
算盤が恋を語る話

[著]江戸川乱歩
500円+税


[オーディオブック]
日記帳

[著]江戸川乱歩
500円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 8 km、480 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 江戸川乱歩

戻るトップページへ