携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

井上ひさし 井上ひさし講演 第1集 名優 太宰治

[オーディオブックCD] 井上ひさし講演 第1集 名優 太宰治

井上ひさし
新潮社(新潮CD)
CD 1枚 収録時間77分 2011年2月発売
本体 2,000円  税込 2,200円  国内送料無料です。
この商品は 10月3日に 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

内容

知られざる実像から文学的業績まで。敬愛する作家、太宰治を語りつくした70分。

太宰の小説は日本文学史の中でも屈指である。平明な話し言葉を使った分かりやすい文章で、フレーズにメロディがある。漱石以降の「近代日本語」が活かされている。さらには物語の筋がしっかりしており、落語のようなオチまである。――井上ひさしが、敬愛する作家、太宰治の実像とその文学的功績を語る。(1999年2月16日 JTアートホールアフィニスにて収録)

井上ひさし/講演

講演/井上ひさし(イノウエ・ヒサシ)

(1934-2010)山形県生れ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係を務めた後、「ひょっこりひょうたん島」の台本を共同執筆する。以後『道元の冒険』(岸田戯曲賞、芸術選奨新人賞)、『手鎖心中』(直木賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』、『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セブンローズ』(菊池寛賞)、『太鼓たたいて笛ふいて』(毎日芸術賞、鶴屋南北戯曲賞)など戯曲、小説、エッセイ等に幅広く活躍した。2004(平成16)年に文化功労者、2009年には日本藝術院賞恩賜賞を受賞した。1984(昭和59)年に劇団「こまつ座」を結成し、座付き作者として自作の上演活動を行った。

井上ひさし講演

井上ひさしが、最後に残した言葉がここにある。

井上ひさし講演 第1集 名優 太宰治

知られざる実像から文学的業績まで。敬愛する作家、太宰治を語りつくした70分。

井上ひさし講演 第2集 作家の眼、創作の眼

作品を生み出す「作家の眼」とは何か。井上ひさしが語り明かす創作のヒント。

この商品の著者による商品一覧: 井上ひさし

戻るトップページへ