携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

トップ

ご利用方法 > 電子書籍を読むには > Adobe eBook形式の詳細説明

電子書籍を読むには

Adobe eBook形式の詳細説明

Adobe eBook とは?

「アドビ・イーブック」と読みます。著作権保護を兼ね備えた電子書籍のひとつです。
Adobe eBook形式の書籍をご覧いただくためには、専用の閲覧ソフト「Adobe Reader」 最新版(無料)が必要となります。

Adobe Reader を使用して eBook を購入するには、事前にアプリケーションを eBook Reader としてアクティベートする必要があります。
※アクティベートとは、eBook に関するセキュリティ機能を有効にし、eBookを読むことができるようにするものです。アクティベートすることにより、eBookの著作権保護のために、ダウンロードされたパソコンでのみ閲覧が可能になります。

≪推奨≫
Adobe eBook形式の書籍は、不慮の削除や、ハードディスクエラー、Adobe Reader の再インストール、バージョンアップ、その他の問題によるeBookの損失に備えて、バックアップコピーを作成されることをお勧めいたします。

閲覧ソフト「Adobe Reader」はアドビ社の製品です。より詳細な情報は、アドビ社のサイトをご覧下さい。

動作環境

■OS
Windows

■閲覧ソフト
Adobe Reader(最新版)
Adobe Reader(最新版)は、お客様の通信環境、お使いのOSによってはご利用いただけない可能性がございます。対応している動作環境の確認は、
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/acrrsystemreqs.htmlをご参照ください。

閲覧ソフト

Adobe eBOOK 形式の本を読むには、専用の閲覧ソフト「Adobe Reader(最新版)」(無料)が必要です。

Adobe Reader画面例



以下、Adobe Readerの入手方法・事前準備操作方法についてご説明します。

Adobe Reader の入手方法

Adobe Reader は次のサイトで入手することができます。

▼Adobe Reader 最新版のダウンロードページ(無料)
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

最新版をお使いでない場合、閲覧できない可能性がございますのでご了承くださいませ。

インストールについては、上記ダウンロードページの解説をご覧下さい。

事前準備(アクティベートの設定方法)【重要】

専用閲覧ソフトAdobe Readerのインストールが終わりましたら、本を購入する前に、Adobe Readerをアクティベートする必要があります。
以下の手順にしたがって、Adobe Readerをアクティベートしてください。

Adobe Readerを起動し、上部に表示してある、「ツール」→「eBookWebサービス」→「Adobe DRM Activator」をクリックしてください。
ブラウザが立ち上がり「Adobe DRM Activator サイトへようこそ」という画面が表示されます。
サインインをクリックしてください。
まず登録を行うので.NET Passport を取得していない場合は「サインアップ」というリンクをクリックします。
パスワードを設定し「同意する」ボタンを押してください。
「アクティベーションプロファイルを作成」ページで名前、およびメールアドレスを入力し「プロファイルの作成」ボタンをクリックしてください。
「アクティベートする」というリンクが表示されますので、クリックしてください。
アクティベートが開始されます。(終了するともとのページに戻ります)

以上でアクティベートが完了します。この作業が終わった後に購入手続きをしてください。
万が一アクティベートをする前に購入手続きをしてしまった場合は、上記の手続きを行った後、再度ダウンロード→リンクをお試しください。

※Adobe ID はAdobe社、.Net Passport は Microsoft社が行っているサービスです。
弊社ではこれらの登録方法、サービス内容、IDの管理等に関して、責任を負う事は一切出来ません。
また、これらに関するご質問はそれぞれのサービス提供会社(「Adobe社」及び「Microsoft社」)にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

本の読み方(Adobe Reader の操作方法)

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、PDFファイルをダブルクリックすると、Adobe Readerが立ち上がり書籍を読むことができます。

ページを読み進めるには、キーボードもしくマウスを使います。



また、次の画面例の緑で囲んだ箇所にある「ページ」タブをクリックすると、画面例のように、本の全ページが小さく表示されます。こちらをクリックして先へ進んだり、戻ったりすることができます。



以上が、Adobe eBook形式の基本的な読み方です。

より高度な操作については、Adobe Readerの製作元・アドビ社による操作説明をご覧ください。

注意事項

eBookファイルのバックアップについて【重要】

Adobe Reader のアンインストールや、最新版へのバージョンアップをする際には、事前に、eBook書籍のバックアップコピーを作成していただくようお願いいたします。

一度、Adobe Reader をPCからアンインストールされますと、ご利用になられていた際のアクティベート情報も消されてしまう為、その後、再インストールをされても、Adobe eBook形式の書籍がお読みいただけなくなります。
 不慮の事故を防ぐためにも、eBookファイルのバックアップをお勧めいたします。

■Adobe ReaderでのeBookのバックアップに関して
・Adobe Readerのヘルプ
 ・eBookの購入と表示
 →マイブックシェルフの使用 →コンピュータ上にあるeBookのバックアップ

■Adobe社:サービスデータベース
Adobe Reader:eBook のバックアップ方法

“正規の手順”でバックアップされたeBookファイルは、マイブックシェルフの[バックアップ]ボタンを押して開くウィンドウで、「復元」を選択する事で、ファイルを取り込み、お読みいただくことができます。

いったんダウンロードいただきました書籍に関しましては、お客様の管理に委ねられますので、弊店では責任を負いかねます。
再ダウンロード(決済完了から1週間)につきましては、あくまでもダウンロードに失敗してしまった際の保証であり、一度ダウンロードが正常に終了した書籍に関しての保証はいたしかねます。
損失を避けるためにも、バックアップをお取りくださいますようお願いいたします。

パソコンの破損の際や、パソコンを買い換える際のファイルの扱いについて【重要】

Adobe Reader形式は、著作権保護を兼ね備えた次世代型電子書籍を閲覧するためのソフトですので、他のパソコンに簡単にコピーするような行為を防止する機能がございます。大変恐れ入りますが1台のパソコンでご覧いただくような仕様になっておりますので何卒ご了承下さいませ。

ただし、バックアップを取る要領で、他のパソコンに移し変えることが可能です。他のパソコンへの移し変えには、始めにダウンロードした際に行っていただいた、アクティベートを“解除”していただき、移し変えるパソコンから再度アクティベイトしなおしていただく必要がございます。以下をご参照下さい。

■新しいコンピュータに買い換えた場合について
→アドビサポートアクティベーションの制限回数を超過した場合の対処方法

■バックアップに関して
→Adobe Readerのヘルプ→索引→「ふ」→「復元」

いったんダウンロードいただきました書籍に関しましては、お客様の管理に委ねられますので、弊店では責任を負いかねます。
パソコンを買い換える場合も、一週間を越えてしまうと弊店からダウンロードいただくことはできません。再ダウンロード期間(一週間)は、あくまでもダウンロードに失敗してしまった際の保証であり、一度ダウンロードが正常に終了した書籍に関しての保証はいたしかねます。ファイルの移動などはお客様のご負担でお願いいたします。

サポートについて【重要】

Adobe eBook 形式 につきましては、本の閲覧やコピーが許可なしに行われることを防止するため、一般的なダウンロードとは方式が異なっております。
ファイルの移動・Adobe Readerの再インストール・最新版へのバージョンアップなどをされる際には、ソフトウエア製作元のアドビ社が行っているサポートの説明をお読みいただくようお願いいたします。

アドビシステムズ社のサポートページ
http://www.adobe.co.jp/support/main.html

以前、Adobe eBook形式の書籍をご覧いただくために必要だった、ビューアーの「Adobe Acrobat eBook Reader」が廃止になり、新たに「Adobe Reader」でご覧いただくことが、ビューアー製作元のアドビ社より決定いたしましたが、既にAdobe Acrobat eBook Readerをご利用のお客様は、そのままAdobe Acrobat eBook Readerをご利用いただけます。