携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

中山市朗 市朗怪全集 二十一

[オーディオブックCD] 市朗怪全集 二十一

中山市朗
パンローリング
CD 2枚 116分 2022年6月発売
本体 2,000円  税込 2,200円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

サンプル再生ダイジェストでお楽しみいただけます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? | ダウンロード版

市朗怪全集とは

実話系怪談のパイオニア、『新耳袋』シリーズの著者の一人が、語りで送る怪談全集! 1990年代に巻き起こったJホラー・ブームを牽引した実話怪談界の大御所が、満を持して登場する!!
全てが実話。この現代に現れた闇と異界の世界を聴け!!

内容紹介

千日前のタクシー (12分)
千日デパート火災があったのは1972年5月のこと。その後近くのタクシー乗り場が移転した。
その頃のこと。その乗り場で、あるタクシー運転手が同僚のタクシー運転手が奇妙なお客を乗せるのを見た。典型的なタクシー怪談を第三者が見ていたという話。

エレベーター(7分)
千日デパート跡地に出来たPデパート。そこで働く従業員たちは残業をしないようにと上司から言われていたのであるが、ある人が残業をしてしまった。
夜遅く帰ろうと、エレベーターに乗ったが、残業を禁じられた意味がよくわかる経験をしたという…。

自分あてのメッセージ(7分)
大阪の淀川沿いにあるお寺の僧侶。彼はお酒好きでよく大阪市のミナミにあるお店を贔屓にしていた。ある日、飲み友達の檀家の人が訪ねて来た。
飲みの誘いかと思ったら違う。「夢の中にあんたが出てきて、あんたに忠告してくれ言うとる」と妙なことを言う。そしてその忠告はい「いつもの店には行くな」という事だという。

千日前の女(12分)
専門学校の講師をしている男性。合宿の準備に必要な小物を買おうとPデパートに向かった。その途中、夏だというのに黒服に身を包んだ茶色い女を見る。
それでもその女は普通の人だと思っていたが、何度も彼女を見かけるのだ。そしてある大きな違和感があることに気づく。

ゴーストバスター (17分)
私の体験談である。霊媒師である女性から「幽霊退治を頼まれたんだけど来る?」とお誘いがあった。場所は千日前にある居酒屋。
もちろん同行して、取材をしてみた。次から次へと出る、お客や従業員たちが遭遇した体験談。そして幽霊退治のやり方とその成果は?

ここは8階(4分)
千日前のPデパートの8階にライブスペースがあった頃、あるアマチュア・バンドがライブを行った。散々なライブに終わった。
ある女性がそのライブにお客として来ていたが、帰ろうと8階から階段で7階へと下りた。するとそこも8階だったのだ。

私お化け?(12分)
千日前にある大宴会場のあるビル。宴会に参加した女性が車で帰ろうとそのビルの駐車場に入った。車に乗るとサイドガラスを叩かれた。
見ると水商売風の女が立っている。「何か御用?」とサイドガラスを開けると、その女はとんでもない行動をとって言った。「私お化け…」

宗右衛門町の怪談 (10分)
宗右衛門町とは昔、花街だった場所だ。そこに老舗の料亭があった。和室がいくつもあり襖をとっぱらうととんでもなく広い宴会場となる。
その店の息子がその和室の隅で寝ることを親から仰せつかる。そしてやってはならないことも忠告される。しかしその忠告を破った彼の前に、それは現れた。

スタジオの音(11分)
大坂はキタにある某放送局のスタジオ。ここで怪談番組のラジオ用の音源を録音した。この時、スタジオに奇妙な音が響いた。
本番中に携帯電話のバイブ音がするのだ。ところがその音源が特定できない。しかも同時にスタジオで奇妙な現象が起こっていたのだ。

夜の警備(18分)
大阪の梅田にある地下街。ここの夜中の警備をある人が一人で担当することになった。なぜならここの警備員は数日で辞めて行くのだ。 幽霊を一切信じない彼は、そこで様々な怪異に見舞われるが全部錯覚だと思っている。そんな彼が、警備員を辞める決定的な怪異に遭遇する。

ふたりのマスター(4分)
梅田にある小さなバー。ここは東京から来た役者や芸能人がよく来る店である。ある夜、女優さんが一人で飲んでいた。
ところが彼女は誰もいないカウンターの向こうに向かってしゃべりかけている。マスターが一体誰と話しているのだと聞くと…。

中山 市朗(なかやま いちろう) プロフィール

作家、怪異収集家
1982年、大阪芸術大学映像計画学科卒業。映画の助監督や黒澤明監督の『乱』のメイキングの演出などに携わる。
1990年、扶桑社から木原浩勝との共著で『新耳袋〜あなたの隣の怖い話』で作家デビュー。『新耳袋』はそれまでただ怪談で括られていたものから、実話だけにこだわり百物語を一冊の著書で実現化させた。
『新耳袋』は後にメディアファクトリーより全十夜のシリーズとなり復刊。『怪談新耳袋』として映画やドラマ、コミックとして展開。
Jホラーブームを作った作家や映画監督に大きな影響を与え、ブームをけん引することになる。
著書に『怪異異聞録・なまなりさん』『怪談実話系』『怪談狩り』シリーズなどがある。

怪談は語ることが重要と、ライブや怪談会、放送などでも積極的に怪談語りを行っている。その他の著書に『捜聖記』『聖徳太子・四天王寺の暗号』『聖徳太子の「未来記」とイルミナティ」など多数。

関連商品


市朗怪全集 二十
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十九
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十八
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十七
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十六
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十五
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十四
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十三
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十二
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十一
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 十
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 九
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 八
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 七
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 六
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 五
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 四
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 三
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 二
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 一
[演]中山市朗
1600円+税

そのほかのお薦め

[オーディオブックCD] 市朗怪全集 二十


中山市朗 パンローリング
CD 2枚 122分 2022年5月発売
2,200円 国内送料無料 すぐ発送

[オーディオブックCD] 市朗怪全集 十九


中山市朗 パンローリング
CD 2枚 116分 2022年4月発売
2,200円 国内送料無料 すぐ発送

[オーディオブックCD] 市朗怪全集 十八


中山市朗 パンローリング
CD 2枚 119分 2022年3月発売
2,200円 国内送料無料 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: 中山市朗

戻るトップページへ