携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

中山市朗 市朗妖怪百科 第三集 〜タヌキとムジナ、伝説伝承と実話系怪異の奇妙な共通点

[オーディオブック] 市朗妖怪百科 第三集 〜タヌキとムジナ、伝説伝承と実話系怪異の奇妙な共通点

中山市朗
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 130分 15ファイル 2021年8月発売
本体 1,600円  税込 1,760円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生ダイジェストでお楽しみいただけます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? | CD版

市朗妖怪百科とは

実話系怪談を語る怪談師や作家、タレントが増えている。
語り手も聞き手も、怪異だの幽霊だのを本気で信じているのかどうかは解らないが、古来より日本人はこういった怪談を楽しむ遺伝子を持っているらしい。
しかし、そんな中で、狐狸に化かされたり、河童や天狗に遭遇した、巨龍を見たという話があったとしたら、どう思れるだろうか?
幽霊は人が死んで成仏できなかったもの。それは百歩譲って理解したとして、妖怪なんてこの現代社会にいるわけがない。そう思われるだろう。
だが一方で、そんな現代の妖怪遭遇談が、私の元には集まってきている。そんな妖怪譚をまとめ、お聞かせすることにしたい。
同時に、古文献や伝承に現れた妖怪たちと比較、関連付けながら、わが日本に今も棲みつく妖怪たちを紹介しようと試みるものである。

内容紹介


『市朗妖怪百科 第三集 〜タヌキとムジナ、伝説伝承と実話系怪異の奇妙な共通点』

『妖怪百科第2集』ではキツネに化かされる日本人について考察し語ってみたが、 今回はタヌキにまつわる怪異を集めてみた。
キツネは美女に化けるがタヌキはいろいろなモノに化け、時にはノッペラボウの妖怪となり、日露戦争では兵隊となってロシア軍と戦ったという伝説も残る。
だが、そんなタヌキ話は、昔の伝承とほぼ同じ状況、同じ形態で、この現代の日本にも出現しているようなのだ。
そんな実話系怪談としてのタヌキの話と、伝説、伝承に残るタヌキの話を比較しながら、この不思議な現象の要因を探ってみよう。

「化け寺」(7分)
実家である寺の跡取りとして古寺に住むこととなった新婚夫婦。その初日の夜。
離れのトイレと雑草の生い茂る庭で奥さんは奇妙な体験をする。僧侶である夫に助けを求めるが、それは一つ目の小坊主の仕業だという。

「タヌキの祠(ほこら)」(7分)
四国のある町の旅館に宿泊したMさん。真夜中に不思議なモノを見た。庭先に提灯に灯が点いている祠のようなものがあり、その前に人がうずくまっている。
一体あれは何だろうと思いながらもその晩は寝た。翌朝庭先に出て見るとそんなものは無い。すると旅館の主から話しかけられ、祠の秘密を知る。

「タヌキの里」(8分)
仲間数人と東北のキャンプ場でバーベキューを楽しみ一泊した。この時全員が、ささいだがなんだか奇妙な体験をする。しかもその体験にはある共通点が見られた。
しかもこのキャンプ場には、あるタヌキの伝説が残されていて…。

「如雨露」(6分)
箱庭作りが趣味の男性。ある朝自宅の庭先に見たこともない立派な箱庭が置いてあった。
あまりに立派でよくできた箱庭を感心して見ていると、箱庭はまるで本当の山の風景のような様相で動き出した…。

「あれタヌキやで」(13分)
私と北野誠さんの体験談。ある夜、取材で京都市の保津峡駅に向かった。真っ暗な山道にヘッドライトの光だけ。その光の中にある者が飛び込んできた。
ジョギング姿の初老の男だった。ただ、その様子がおかしい。第一こんな時間。もう一度確かめようとすると北野誠氏がこんな一言を…。

「信楽の鹿」(6分)
信楽の里へ旅したある役者さん。置物のタヌキがいっぱいあるがこのあたりに本物のタヌキがいないか地元の老婆に聞いてみた。
すると老婆は「タヌキはおらんけど大きな鹿がおるわ」と言う。ただこの鹿は化けたタヌキだったという。その真相を聞くと…。

「檻の中のタヌキ」(3分)
随分前の事。ある女性の子供の頃、村人がタヌキに化かされたり悪戯されることが頻発した。そこで村人たちはタヌキ狩りをしてようよう一匹のタヌキを捕まえ裏庭の檻に入れた。
よく見れば大変にかわいいタヌキなのだが、見ているうちに、不思議なことが起こった。

「芝右衛門狸」(20分)
江戸時代から続いた大阪道頓堀の芝居。そこに中座という芝居小屋があった。この中座の舞台の奈落には長年、芝右衛門狸という淡路島出身の狸が芝居の神様として鎮座していた。
もちろんその云われは伝承として伝わるが、1999年中座が入る老朽化したビルを解体工事中、信じられない事件が起きる…。

「日露戦争に参加した化け狸」(6分)
タヌキに関する伝説、伝承は日本各地に残るが、日露戦争が勃発した折、タヌキが大陸に渡って兵隊として戦ったという話がある。この話の真相を探ってみる。

「小泉八雲のムジナ」(8分)
ムジナとタヌキは動物としては別種だが、よく似ていたのでタヌキの化け話はムジナの仕業だとして語られることも多い。
ムジナといえば、小泉八雲の名作がある。現代に現れたムジナを語る前に、この名作について解説して見る。

「たまご」(4分)
現代の東京品川での話である。地元で商売をしている中年女性が夫と街中を歩いていた時、奇妙な大学生風の男性がこちらへ歩いて来るのを見る。 なんとその男は目も鼻も口も無いまるで卵のような顔だった。夫に「あの人なに?」と訊いてみた。すると夫はこんなことを言った…。現代のムジナの話。

「ムジナを見た人」(10分)
『新耳袋』にて紹介した二つの現代のムジナの話。この二つの話には共通点がある。ノッペラボウのような顔。それが二度起こる恐怖。小泉八雲の「ムジナ」に共通するところもある。

「ムジナの山道」(14分)
大阪から兵庫県の但馬地方へ向かっていた車の中での出来事。真夜中の山道を走っていると、真っ暗な道を着物姿、手に風呂敷包みを持ってとぼとぼと歩く若い娘を見る。
深夜の山道。怪しいなと思いながらも車を停めて女性に声を掛けてみた。すると女性がその顔を上げて…。

「天王寺のムジナ」(4分)
ある芸人が贔屓にしているうどん屋の女将さん。彼女はこんな体験をしたという。ある日の夕方、電話でうどんの出前の注文を受けた。さっそく彼女は言われた町と番地のメモを持って行ってみたが、そこは見たこともない古い長屋づくりのアパートがあった。
表札の名を確認してブザーを鳴らすと、奇妙な子供が出て来た。その異様さに彼女は逃げ出したというのだが…。

「私の赤ちゃん」(12分)
明治時代、これは新聞報道された奇妙な話である。神奈川県のある村に、弥右衛門という若者がいた。彼は妻を娶るのだが、間もなく弥右衛門は旅先で死んでしまう。
その知らせを受け取った妻は驚いた。なぜなら夫は昨夜帰ってきていて、抱かれたという。その日から夫は毎晩帰ってくる。近所の人たちはそれを訝ったが、この話は驚くべき結末を迎える。

中山 市朗(なかやま いちろう) プロフィール

作家、怪異収集家
1982年、大阪芸術大学映像計画学科卒業。映画の助監督や黒澤明監督の『乱』のメイキングの演出などに携わる。
1990年、扶桑社から木原浩勝との共著で『新耳袋〜あなたの隣の怖い話』で作家デビュー。『新耳袋』はそれまでただ怪談で括られていたものから、実話だけにこだわり百物語を一冊の著書で実現化させた。
『新耳袋』は後にメディアファクトリーより全十夜のシリーズとなり復刊。『怪談新耳袋』として映画やドラマ、コミックとして展開。
Jホラーブームを作った作家や映画監督に大きな影響を与え、ブームをけん引することになる。
著書に『怪異異聞録・なまなりさん』『怪談実話系』『怪談狩り』シリーズなどがある。

怪談は語ることが重要と、ライブや怪談会、放送などでも積極的に怪談語りを行っている。その他の著書に『捜聖記』『聖徳太子・四天王寺の暗号』『聖徳太子の「未来記」とイルミナティ」など多数。

関連商品


市朗妖怪百科 第二集
[演]中山市朗
1600円+税


市朗妖怪百科 第一集
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 九
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 八
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 七
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 六
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 五
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 四
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 三
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 二
[演]中山市朗
1600円+税


市朗怪全集 一
[演]中山市朗
1600円+税


怪談劇場 撰集 深縹
[演]城谷歩
1500円+税


おやこで楽しむ
怖いむかしばなし

[演]城谷歩
900円+税


実説 城谷怪談 撰集一
[演]城谷歩
1600円+税


稲森夜話
聴かなければよかった話 弐

[演]稲森誠
1600円+税


稲森夜話
聴かなければよかった話 壱

[演]稲森誠
1600円+税


講談 古典怪異譚 一
[演]旭堂南湖
1600円+税


”怪談和尚”三木大雲の怪談説法
[演]三木大雲
1800円+税


幽霊譚 〜霊威〜
[演]ファンキー中村
1600円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 17 km、1040 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

そのほかのお薦め

[オーディオブック] 市朗妖怪百科 第二集 〜狐狸妖怪のキツネの巻 人を化かすメカニズム!


中山市朗 パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 123分 18ファイル 2021年6月発売
1,760円 すぐ発送

[オーディオブック] 市朗妖怪百科 第一集 〜現代に妖怪現わる 怪談実話の中の妖怪たち


中山市朗 パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 116分 9ファイル 2021年4月発売
1,760円 すぐ発送


この商品の著者による商品一覧: 中山市朗

戻るトップページへ