携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

アイデア大全・問題解決大全
消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法
城谷怪談
仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
平家物語
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
昔話日本一
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

立石美津子/市川宏伸/すばる舎 立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

[オーディオブックCD] 立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方

立石美津子, 市川宏伸, すばる舎
パンローリング
CD 5枚 約281分 2019年10月発売
本体 1,400円  税込 1,540円  国内送料無料です。
この商品は 明日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには?

内容紹介

育児書で大人気『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者による、
初の発達障害児に関する育児書!


自閉症児(16歳)を子育て中の著者が、自身のエピソードや、発達障害児を持つさまざまな親の話を交えながら、子どもがのびのび育つための子育てのポイントを紹介。
障害受容、療育選び、カミングアウト、学校選びなど、子どもの将来を左右する大切な〈分岐点〉で後悔しないためのヒントをアドバイス。
発達障害の子を持つ親御さんに、〈将来の見通し〉を持った子育ての大切さを伝えます。


実は16年、自閉症児の親をやっています。
たくさん悩んだけれど今は幸せです。


●他の子との「比べる病」に要注意!
●子どもなりのペースで着実に成長します
●その子に一番あった園、療育、学校選び
●才能の「温泉堀り」をしない
●周りの人にどんどん助けを求める・・・


変わるのは子どもではなく親。
×健常児に近づけようとする
→子ども困惑、親イライラ

○その子にあったサポートをする
→子ども快適、親ニッコリ

子育てで後悔しないために----。
発達障害の子をのびのび育てる上で、
知っておきたい大切なこと。


育児書で大人気の著者が初めて明かす
悩みながらつかんだ‘笑顔’で子どもと向きあうヒント!

目次

はじめに

第1章 自閉症児を16年間育てて見えたこと

■後ろ向きでガチガチ頭だった私
・自己肯定感の低い「いい子」で育った
・出産時に抱いた違和感

■理想通り育てたいのに、うちの子どこか変・・・?
・0歳から英才教育をしても、人に無関心のまま
・保育園で明らかに他の子と違う

■まさかの自閉症の告知。目の前が真っ白に
・どうして、うちの子が・・・・
・食物アレルギーだけでも大変なのに!
・1年間の病院巡り

■暗闇から救い出してくれた先輩ママ達の存在
・「自閉症協会親の会」に入る
・手づかみ食べの悩みに「世界では普通よ」

■小学校はあえて「支援学校」を選びました
・認められる回数を増やしてやりたい
・対応がきめ細かい支援学校

■小3で転入した「支援学級」はこんなところ
・無理やり転校させられる
・自立のためのトレーニングはしてくれない
【コラム】面接で転校先の学校から釘を刺される

■高校では就労訓練を受けられる幸運
・中学ではビりでした
・作業、作業の連続

第2章 発達障害の子をのびのび育てるための心がまえ

■障害を受け容れても葛藤するのが当たり前
・健常児の姿を見ることがストレスに
・保育園での特別扱いにも被害妄想・・・・
・「比べる病」はなかなか消えない

■療育選びは慎重に
・苦手を克服させる療育施設もある
・施設によって方針は180度違う

■「二次障害」だけは絶対に避けたい
・入院病棟で鉄格子のなかにいた子
・親が障害を認めないことで起こること
・不登校や鬱に陥らせないために

■「健常児に近づける」ことを目標にしない
・「1日も早く〇〇できますように」
・親の期待に応えようと子どもが苦しくなる
・いい意味で開き直る

■「才能の温泉」を掘り当てられる人はごくわずか
・もしかしたらギフテッドかも?
・「今がんばれば未来が開ける」の罠
・天才ピアニストを目指すも1年で挫折
・脚光を浴びる人は一握り

■周りから傷つく言葉を言われたら
・水泳教室で入会を断られる
・「他のお子さんに迷惑なので」
・初めから障害者枠を希望すればよかった・・・・

■無表情であっても、ちゃんと心で感じています
・自分の意思をうまく伝えられない
・お別れが悲しくて出た涙

■叱りたくなるところは、本当はその子の強み
・「騒がしい」は「元気」に、「しつこい」は「粘り強い」
・見方を変えるだけでラクになる
・子どもの持ち味をどう生かす?
【コラム】言葉だけを変えても本質は変わらない

第3章 日常生活はこうサポートして「できる」を増やす!

■パニックは時間が解決してくれる
・頭を打ちつけたり腕を噛んだり、凄まじい破壊力
・親が巻き込まれてはいけない
・薬と耳栓に助けられる
・嵐は必ず過ぎ去ります

■こだわりには「とことんつきあう」覚悟で
・「わがまま」と「こだわり」の線引きは難しい

■食べられるものが5種類だけ
・「他のメニューを作らずにすんでラク」と考えて
・「これがないなら、あれ」と絶対に流せない

■パズルは同じものを3セット買い置き
・1ピースなくなるだけでパニックに
・同じ色やデザインの服にこだわる
・衣替えは数日かけて少しずつ

■3000系の各駅電車しか乗れない
・ムリに他の電車に乗せて大暴れ
・2年かけて克服

■言葉の練習の前に「話したい」気持ちが大切
・5歳になってもしゃべらない・・・・
・言葉を真似ても、ただのオウム返し
・店員に「まだ食べる!」と叫ぶ

■「暗黙の社会ルール」を教えるのは難しい
・「あの人太ってるね」「痴漢は犯罪」を大声で・・・・
・消火器の「引き抜く」に反応してしまう
・8年続いているトイレへの執着
・趣味を禁止するのはかわいそう

■こうすれば外出先でも落ち着いて過ごせる
・予防接種は何日も前から予告
・スーパーでの買い物は毎回一苦労
・周囲の理解が得やすくなる「愛のワッペン」
【コラム】療育手帳とは

■家の中を療育の場にしないで
・おやつを封筒に入れてハサミの練習
・家庭は安全基地であるべき
・ハードルの低いことからコツコツと

■一人でできることは確実に増えていきます
・定期を忘れて財布からお金を出せた!

第4章 子どもがベストな環境で過ごせる学校選び

■「自信を失わずいられる場所」を与えてあげたい
・教室内でお客様状態
・成功体験を毎日味わえるかどうか

■「自由のびのび保育」の園があうとは限らない
・「クラスが勝てないから運動会休んで」
・「何をしてもいい」は「何をしたらいいかわからない」
【コラム】園から「専門機関」を勧められたら・・・

■どうする?先生や他の親子へのカミングアウト
・担任に自作の「息子カルテ」を渡す
・ほとんどのママ達が好意的だった
・園児達には工夫して伝える
・どんどんSOSを出そう

■小学校の選択肢は3つ。どれがベスト?
・通常学級に入れるかどうかは親次第
・支援学校と支援学級
・「這い上がれない」という噂
【コラム】就学時健診を受けずに隠れた人

■通常学級とはこんなところです
・40人単位で集団行動をする場所
・学級崩壊しているクラスもある
・「合理的配慮」が義務化されても・・・・

■グレーゾーンの子どもの行き場
・通常学級から「通級指導教室」に通う方法も
・担任に伝えておくといいこと
・なんでも障害のせいにする困った風潮

■わが子が「いじめ」にあったときは
・「あの子の母さん怖い」と思わせるのもアリ
・健常児と障害児がともに学ぶ環境
・グレーゾーンの子の生きづらさ
・団体競技で足を引っ張ってしまう

第5章 この先、親子で幸せに生きていくために

■小学校卒業後の進路はどうなるの?
・中学の就学相談で判定結果が出る
・中学の支援学級は学力差が激しい
・生きる力をつけるのが目標
・難しい計算はできなくてもいい
・成長をしみじみ感じられる瞬間

■学歴か、就労訓練か
・支援学校高等部へ入学
・強力な就労サポートを受けられる環境
【コラム】個性か障害か

■障害者枠で大手企業に入ることが「成功」なのか?
・「一般就労」は輝いて見えるけれど・・・・
・就労はゴールではなくスタート
・企業が求めるのは生産性やコミュニケーション能力
【コラム】職を転々とする人

■単純作業を不憫と思うのは親のエゴかもしれない
・カッターで延々と同じ紙を切る
・授業参観でのカルチャーショック
・本人が楽しければ問題ない

■性問題には目をそらさず向きあって
・性の目覚めはやってくる
・異性との距離感などをひとつひとつ教える
・隠したり見て見ぬ振りはダメ
【コラム】シングルマザーならではの悩み

■将来の「別れ」にそなえて今からできること
・親亡きあとも助けてもらえる関係作り

さいごに

オーディオ版特典 図版付き

本オーディオブックには書籍版で掲示されている図版をまとめたPDFファイルが特典として付いております。
該当図版をご覧いただけますと、内容をより深く理解いただけます。

※PDFは購入者限定特典 倍速版音声とともに入っております。

立石 美津子(たていし・みつこ)

1961年大阪生まれ。聖心女子大学卒。幼稚園・小学校・特別支援学校教諭免許を取得後、幼児教室を経営。
現在は著者、講演家として活動。著書に『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる「テキトー母さん」流 子育てのコツ』(日本実業出版社)、『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』(KADOKAWA)、『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』(あさ出版)、『「はずれ」先生にあたったとき読む本』(青春出版社)がある。

※本商品は『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』[すばる舎刊 立石 美津子 著 ISBN:978-4-7991-0556-6 240頁 1,400円(税別)]をオーディオ化したものです。

市川 宏伸(いちかわ・ひろのぶ)

1945年生まれ。東京大学大学院薬学研究科修士課程修了、北海道大学医学部卒業。「東京都東村山福祉園」医務科長、「東京都立梅ケ丘病院」院長、「東京都立小児総合医療センター」顧問等を経て、現在は「日本発達障害ネットワーク」理事長、「日本自閉症協会」会長、「日本自閉症スペクトラム学会」会長、「国立発達障害情報・支援センター」顧問、「正夢の会」理事長などを務める。 著書に『広汎性発達障害の子どもと医療』(かもがわ出版)、共編著に『発達障害─早めの気づきとその対応』(中外医学社)、監修書に『発達障害キーワード&キーポイント』(金子書房)などがある。

関連商品


[オーディオブック]
お話、きかせて!
聴く絵本 むかしばなし
ベスト100

[著]でじじ
パンローリング
2,700円 (税別)


[オーディオブック]
お話、きかせて!
聴く絵本 せかいむかしばなし
ベスト100

[著]でじじ
パンローリング
2,700円 (税別)


[オーディオブック]
お話、きかせて!
聴く絵本 せかいどうわ
ベスト100

[著]でじじ
パンローリング
2,700円 (税別)

この商品の著者による商品一覧: 立石美津子, 市川宏伸, すばる舎

戻るトップページへ