携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

アイデア大全・問題解決大全
消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法
城谷怪談
仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
平家物語
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
昔話日本一
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

中村恒子/奥田弘美/すばる舎リンケージ 心に折り合いをつけて うまいことやる習慣

[オーディオブックCD] 心に折り合いをつけて うまいことやる習慣

中村恒子, 奥田弘美, すばる舎リンケージ
パンローリング
CD 4枚 約258分 2019年5月発売
本体 1,300円  税込 1,430円  国内送料無料です。
この商品は 明日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? | ダウンロード版

内容紹介

【大好評10万部突破! Yahoo!ニュース、PRESIDENT Online、Precios.jpなどでも続々紹介! 】

中村恒子先生は、1945(昭和20)年・終戦迫る6月に医者になるため16歳でたった一人、広島の尾道から大阪へ出てきました。
その後、89歳の現在までずっと精神科医として働いてこられました。つい最近まで週6日フルタイム勤務を続け、2017年の8月からようやく週4日勤務に減らされたばかり。

身長148センチ、体重40キロ足らずの小さな体からは、温かく深い慈愛のこもった言葉が発せられます。
その言葉で、患者さんたちは再び生きる勇気を復活させるのです。それは、弱々しく細ったろうそくの光がゆるゆると輝き、力強い炎を取り戻していくかのようです。
もちろん、患者さんだけではありません。恒子先生にかかわる人の多くが、そのたんたんと働く姿、その人柄にふれることで、力をもらって元気になっていくのです。

今回、聞き書きをさせていただいた私自身もその一人です。
先生の生き方は、一言でいうと「日々たんたん」。決してスマートではなく、効率的でもないのですが、いつでも目の前のことに徹して生きています。そして、そこにまったく無理がないように見えるのです。
どこまでも自然な姿に、「ああ、こんなふうに生きてもいいのか」「こんなふうに生きればいいのか」そんな気づきを与えてくれます。

どうしたら、恒子先生のように日々たんたんと生きていくことができるのか? 結果としてそれが「うまいことやる」ことになるのか? その波乱万丈な半生を含め、ぜひ最後までお楽しみください。 (聞き書き・奥田弘美より)

もくじ

はじめに
書き手より

第1章 なんのために、働きますか?
01_「お金のために働く」でええやない。
02_「こんなの自分の仕事ではない」と考える前に、まずはスッキリ受け入れてみる。そうしないと、人は先に進めない。
03_仕事が好きじゃなくてもまったく問題ない。「やらないよりやったほうがマシ」くらいが続けていくにはちょうどいい。
04_会社は他人がつくったお金儲けのための箱。進むもやめるも最後は自分で決める。その選択は、誰のせいにもしない。
【コラム】episode1「終戦直前、広島から大阪へたった一人で向かった少女」

第2章 期待しないほうがうまいことやれる
05_「幸せでなければいけない」と、思わないほうが幸せ。余計な荷物は、おろしていく。
06_人を変えることにエネルギーを使わない。「自分がどうしたら快適に過ごせるか」にエネルギーを使う。
07_情は、執着の証。たとえ家族でも、自分は自分、他人は他人。我を押しつけると、相手も自分もつらくなる。
08_与えられることをあたりまえだと考えてはいけない。もらったものに感謝をする。そして、それ以上は望まない。
09_相手の都合を大切にする。そしたら、自分の都合も大切にしてもらえる。
10_チャンスは、偶然の中でしか生まれない。ポンと背中を押されたら、流れに身を任せてみる。
【コラム】episode2 「時代に翻弄されながら、医師への道をつかむ」

第3章 人間関係には、妙がある
11_かけねなしに弱みをさらけ出せる話相手がいるかどうか。それが元気になれるいちばんの秘訣。
12_ケチケチせずに細かいことを引き受けていくと、小さな親切が循環していく。
13_言い争いのあとは、先に謝るが勝ち。しょうもない我を張ると、居場所がなくなっていく。
14_仲良くする人は、好き嫌いで選べばいい。損得勘定で付き合うと、いいようにされるか、孤独に悩むか、どっちかになる。
15_その人と付き合うべきか、離れるべきか、答えを性急に求めない。心の距離感を変えれば、それなりに付き合うことはできる。
16_一人で生き方を計画したって、そのとおりには絶対にいかない。だから、細かく計画はしない。
【コラム】episode3 「精神科医が、一生の仕事になった理由」

第4章 心を平静に戻す
17_先のことは、心配してもわからない。目の前のことがおろそかになっていなか?気にかけるのはそれだけにする。
18_しんどい思いは、あとになるといちばん大事な経験だったと感じられる。だから、一つもムダにはならない。
19_うまくいかないことが続くときは、立ち止まってはいけない。立ち止まると、先に進めない。
20_夜の仕事は、「よく眠る」こと。確実に起きることがわかっていることだけ、手を打てばいい。「それ以外は知らん」でいい。
21_「自信がない」は、悪いことじゃない。急ごしらえの自信が、いちばん危ない。
22_悲しいことやショックなことから立ち直るためには、アドバイスではなく、「日にち薬」が必要。
23_人と比べたくなるのは仕方ない。でも、どんな元気そうな人でも悩んでいない人はいないことを知る。
24_がんばらなくてはいけないときは、そのうちくる。だから、そうでないときは必要以上にがんばらない。
【コラム】episode4「結婚、出産、専業主婦、そして思わぬ復職」

第5章 あれやこれやを、両立していくには
25_仕事の質は、中途半端で大いに結構。手抜きしてもいいから、途中で投げ出さないことがいちばん大事。
26_家庭の平和が、何においてもいちばん。それさえ守れれば、あとはぼちぼちで。
27_人生に辛抱する期間はつきもの。ラクに辛抱できる方法を考える。
28_人を育てることは、結果的に、自分を育てることになる。
29_子を育てるために必要なのは、テクニックよりも一つの行動。
30_人の巣立ちをじゃましてはいけない。1から10までめんどうを見ると、成長は止まってしまう。
31_孤独死、大いに結構。死に方をあれこれ心配してもしょうがない。
【コラム】episode5「悩み、苦しみ、それでも働き続けねばならない。人生最悪の日々」

第6章 「日々たんたん」な生き方
32_難題にぶつかったときも、「大丈夫、きっとなんとかなる」。
33_他人には他人の人生、自分には自分の人生があることを徹底して線引きしていくと、余計な軋轢も、ストレスも少なくなる。
34_人間関係の秘訣は「距離感」に尽きる。踏み越えてはいけない一線は、決して越えずに保ち続けること。
35_孤独であることは、寂しいことではない。「孤独はよきもの」と受け入れると、ラクになることがいくつもある。
36_そんなにすぐに、結果は出ない。焦るときほど、上や下、過去や未来ではなく、「今この瞬間」を大切にする。
【コラム】episode6「夫を見送ったのち、老いてもなお仕事の神様に望まれて」
37_はなばなしい成功や活躍せずとも、一隅を照らす存在になればよし。

おわりに
奥付 警告

中村 恒子(なかむら・つねこ)

1929年生まれ。精神科医。
1945年6月、終戦の2か月前に医師になるために広島県尾道市から一人で大阪へ、混乱の時代に精神科医となる。二人の子どもの子育てを並行しながら勤務医として働き、2017年7月(88歳)まで週6日フルタイムで外来・病棟診療を続けている(8月から週4日のフルタイム勤務となる)。「いつお迎えが来ても悔いなし」の心境にて生涯現役医師を続けている。

奥田 弘美(おくだ・ひろみ)

1967年生まれ。精神科医・産業医(労働衛生コンサルタント)。日本マインドフルネス普及協会代表理事。
内科医を経て、2000年に中村恒子先生と出会ったことをきっかけに精神科医に転科。現在は精神科診療のほか都内20か所の企業の産業医としてビジネスパーソンの心身のケアに従事。著書に『何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから』(扶桑社)、『1分間どこでもマインドフルネス』(日本能率協会マネジメントセンター)、『心の毒がスーッと消える本』(講談社)など多数。

関連商品


[オーディオブックCD]
もっと自分中心でうまくいく

[著]石原加受子
1404円 (税込)


[オーディオブックCD]
邪悪な人を痛快に打ちのめす!

[著]石原加受子
1404円 (税込)


[オーディオブックCD]
あなたの心を守りたい

[著]舘有紀
2700円 (税込)


[オーディオブックCD]
「感情の整理」が上手い人下手な人

[著]和田秀樹
1620円 (税込)

この商品の著者による商品一覧: 中村恒子, 奥田弘美, すばる舎リンケージ

戻るトップページへ