携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

ゾーン 最終章
江戸川乱歩
カーネギー話し方入門
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
昔話日本一
星新一
城谷怪談
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

豊島与志雄 豊島与志雄童話全集――夢の卵ほか

[オーディオブック] 豊島与志雄童話全集――夢の卵ほか

豊島与志雄
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約660分99ファイル 2018年3月発売
本体 2,000円  税込 2,160円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生ダイジェストでお楽しみいただけます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? | CD版

内容紹介

豊島与志雄は、「レ・ミゼラブル」の翻訳によって、創作家よりは、翻訳家としての一面がよく知られていますが、その翻訳は名訳として未だに読まれ続けています。
彼のもう一つの顔は、児童文学の名手であり、沢山の童話を書き残しています。彼は四十歳で妻を無くしたあと、残された幼ない子ども3人のために、せっせと幾つもの童話を作っていた時期がありました。その作品の数々に共通するのは、幼児期に受けた郷土の雰囲気や、沢山の昔話を語り聞かせてくれた祖母から受けた影響が感じられるものです。 どこか懐かしく、そしてあたたかい、豊島童話の世界に親子で触れてみませんか?

「夢の卵」
遠い昔のこと、インドに若く美しい王子がいました。王子は夜眠ってから、夢を見るのが大好きで、翌朝になると夢の話を皆に話して聞かせるのでした。
しかし、夢の話ばかりする王子を心配した王様は、「夢は、みな不確かな嘘ばかりで、眼がさめると消えてなくなるではないか」 と言って、学問に励むよう言うのでした。この言葉に納得できない王子は、夢も学問と同様に本当のことだと証明するために、夢を捕まえてやろうと息巻くのでしたが……

「コーカサスの禿鷹」
コーカサスに一匹の大きな禿鷹がいました。仲間の者たちと一緒に高い山の頂に住んでいましたが、ある日ふと、こう考えたのです。
「自分は仲間の誰よりも、体が大きく、力が強く、知恵もあるので、みんなから尊敬されている。そこで一つ奮発して、みんなよりも立派な住居をこしらえて、王様然と構えこんでいなくちゃなるまい」 そして、彼はこの国中で一番高い山の頂に立派な岩屋を探してそこに住もうとしましたが、どれが一番高い山か、見当がつかずにいました。そこで国中の山の霊たちに聞いて回ったものの、皆「俺だ」と言うのでわかりません。そこで禿鷹は山の神の知恵を借りようとするのですが……

収録作品

夢の卵

ホタルの夢

一本榎

ハボンスの手品

奇妙な腕くらべ

猿のきも

鬼の面

コーカサスの禿鷹

狸のお祭り

キンショキショキ

慾とねたみ

天狗笑

金の猫の鬼

活人形

山父の桶屋

金の目銀の目

大男と小男

おちぼひろい

影法師

彗星の話

街の少年

賢い機織

白鼠の話

手品師

犬の八公

絨毯の文字

人形使い

黒櫻

豊島与志雄(とよしま・よしお)

1890‐1955。小説家、翻訳家、児童文学作家、福岡県生まれ。東京帝国大学仏文科卒業。在学中の1914年、第三次『新思潮』創刊号に『湖水と彼等』を発表。続いて同年『帝国文学』に発表した『彼と彼の叔父』が中村星湖の目に留まり、文壇に登場した。以後、数多くの小説、童話を発表した。代表的小説集に『生あらば』『野ざらし』、童話集に『夢の卵』『エミリアンの旅』などがある。翻訳は他にロマン・ロランの『ジャン・クリストフ』などがある。

関連商品


[ダウンロード]
小川未明童話全集 1

「赤いろうそくと人魚」他 全49話収録
[著]小川未明
2,000円+税


[ダウンロード]
新美南吉童話集 上

「ごんぎつね」他 全45話収録
[著]新美南吉
1,500円+税


[ダウンロード]
巌谷小波童話集 短話編 1

「蛙の道づれ」他
[著]巌谷小波
1,500円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 88 km、5280 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 豊島与志雄

戻るトップページへ