携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

トップ

星新一「ショートショートの神様」の作品をオーディオブックで

最後の地球人 コレクション朗読:神谷浩史

  • ボッコちゃん

    バーのマスターがつくったロボットは、人間そっくりの肌ざわり。ロボットと気がつかないお客たちは、カウンターのなかの美しいボッコちゃんに話しかけます。(新潮文庫『ボッコちゃん』収録)

  • 最後の地球人

    限りなく人口が増えつづける地球では、都市化がすすみ、ついに世界全体がひとつの都会となってしまいます。すると今度は、人口が減りはじめ……。(新潮文庫『ボッコちゃん』収録)

  • 盗賊会社

    私は盗賊会社の社員。泥棒が仕事です。地味な服装と、まじめであることが要求される仕事です。具体的な業務内容はといいますと……。(新潮文庫『盗賊会社』収録)

  • 打ち出の小槌

    歴史学者が山奥で見つけた柄の短いハンマーのようなもの。学者はなにげなくそれを手で振りながらつぶやきました。「これがなんなのか、知りたい」(新潮文庫『盗賊会社』収録)

  • 宣伝の時代

    朝。仕事へ向かうエヌ氏。マンションのエレベーターのなかで顔みしりの男の子の頭をなでると、その子はコマーシャルソングを歌いだします。(新潮文庫『だれかさんの悪夢』収録)

きまぐれロボット コレクション朗読:小野大輔

  • へんな薬

    やっと完成したカゼの薬。ケイ氏は「いま、ききめをごらんに入れましょう」と、友人の前で飲んでみせます。いままでのにくらべ、どんな点がすぐれているというのでしょう。(角川文庫『きまぐれロボット』収録)

  • なぞのロボット

    いつもエヌ博士のあとをついて歩いているやせた形のロボット。そうじもしなければ、カバンも持たないこのロボット。いったい、なんの役に立つのですか? (角川文庫『きまぐれロボット』収録)

  • サーカスの秘密

    動物たちがとても珍しい芸をする大人気のサーカスには、毎日たくさんの人がやってきます。そんなある日、団長はうっかりその秘密をしゃべってしまったのでした。(角川文庫『きまぐれロボット』収録)

  • 鳥の歌

    エイ博士は、童謡のメロディーで鳴くハトを育てることに成功しました。アール氏は目を丸くしておどろきます。どうやって育てたのか、ぜひ説明してください。(角川文庫『きまぐれロボット』収録)

  • 火の用心

    助手が発明した「火の用心」とさえずりながら飛ぶ鳥型ロボット。「まあ少しは役に立つかもしれないな」と、エヌ博士は実用化にむけての改良をすすめます。(角川文庫『きまぐれロボット』収録)

肩の上の秘書 コレクション朗読:宮野真守

  • 生活維持省

    生活維持省で外まわりを担当する同僚と私は、今日も車で仕事に向かった。美しい街路樹、静かな住宅地、窓から流れ出るピアノのメロディー。やっと政府の方針が軌道に乗ったのだ。平和だなあ。(新潮文庫『ボッコちゃん』収録)

  • 肩の上の秘書

    ニュー・エレクトロ社のセールスマン、ゼーム氏の肩には、美しいロボット・インコがとまっていた。玄関のベルを押すと、ドアをあけて姿をあらわした主婦の肩の上にもロボット・インコが。(新潮文庫『悪魔のいる天国』収録)

  • 薄暗い星で

    もう考える必要も、動く必要もない2体のロボット。薄暗さのなかで、かすれたような声がした。「われわれロボットは、みんな、こんな終わり方をしているのだろうか」。(新潮文庫『悪魔のいる天国』収録)

  • 友を失った夜

    孫を膝にのせてテレビのニュースに見入る祖母。「死なないでくれるといいけどね」。人類が親しい友を失おうとしていることを、子供たちも感じとっているのだった。(新潮文庫『ボンボンと悪夢』収録)

  • 歓迎ぜめ

    水も酸素もある星に着陸した調査隊は、長いしっぽを持った、人間の半分くらいの身長の住民たちを見つけます。この星にどんな文明があるか、調査隊は興味津々。(角川文庫『ちぐはぐな部品』収録)