携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

いいかげんな落語
怪談図書館
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で じ じ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.513】
■携帯 http://www.digigi.jp/i/
■PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      カリスマ的人気を誇る“夫婦脚本家”
   木皿泉の生の声が聴ける、貴重なインタビュー!

           木皿泉
       「創作は夫婦の共同作業」

※7月2日(水)配信開始 ---------------------------------

▼ [オーディオブック] 木皿泉「創作は夫婦の共同作業」
http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=2048334900007

------------------------------------------------------

本日より、「野ブタ。をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」
「Q10」(すべて日本テレビ系)などの人気ドラマの脚本を手掛けた
木皿泉(きざら・いずみ)の「創作は夫婦の共同作業」(NHKサービ
スセンター提供)を配信開始いたしました。


<内容紹介> -----------------------------------------

温かく、どこか不思議な独特の世界観、鮮烈な印象を残すセリフで
熱烈な支持を得る脚本家、木皿泉。
実は木皿泉とは、和泉 務(いずみ・つとむ)さん、
妻鹿 年季子(めが・ときこ)さんという夫婦2人の共同ペンネームなのです。
木皿泉ワールドはどのようにして作られているのでしょうか。

出会いから共同執筆の裏側、そして2013年に出版された初の小説
「昨夜のカレー、明日のパン」まで、夫婦2人が木皿泉のこれまでとこれからを語ります。

(2013年9月15日放送「ラジオ深夜便 オトナの生き方 創作は夫婦の共同作業」より)  

聞き手/柴田祐規子アナウンサー 写真撮影/興村憲彦
ナレーター:木皿泉(きざら・いずみ)


<ナレーター> ----------------------------------------

木皿泉(きざら・いずみ)
和泉務と妻鹿年季子、夫婦2人の脚本家。ともに兵庫県出身。
代表作に、連続ドラマ初執筆にして第22回向田邦子賞を受賞した
「すいか」、「野ブタ。をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」
「Q10」(すべて日本テレビ系)など。
初の小説「昨夜のカレー、明日のパン」(河出書房新社)が
第11回本屋大賞第2位を獲得、2014年10月にNHKで自身の脚本により連続ドラマ化。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
======================================================

      「digigi公式 Facebookページ」

 新刊や割引情報を、dididi公式Facebookページで発信中です。

朗読会などのイベントやセミナー、割引情報の配信など、
Facebookを通じてリアルタイムでみなさまにお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします!

 digigi公式 Facebookページは、こちらからアクセスください
            ↓↓↓
     https://www.facebook.com/digigi.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------
オーディオブック (音声コンテンツ)編集者、朗読家(ナレーター)、
制作スタッフを募集しております。ご応募以外のご相談にも応じますので、
ご遠慮なくお気軽にご連絡ください。応募される方は、希望の職種を
お書き添えの上、職務経歴書を電子メールにてお送りください。


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
「オーディオブック目録や発売タイトルに関する資料が欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp

※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
  http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index#reg から
  解除をお願いいたします。

------------------------------------------------------(C) Pan Rolling