携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0170】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本日のお薦め」は、グリム兄弟の『ブレーメンの音楽隊』の
オーディオブックです。(山下)


グリム童話でおなじみの「ブレーメンの音楽隊」(Bremer Stadtmusikanten)。

動物たちはブレーメンを目指して旅に出るが
途中で泥棒たちがいる家を見つけたりして、それを追っ払ったり
なんだかんだで、その家に住み着くことになります。

だからブレーメンには到着していないのだけれども、
“ブレーメンの音楽隊”、オーディオブックでどうぞ!


………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………
□ タイトル:『ブレーメンの音楽隊』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048029900008


□ 内容:
年をとって、だんだんカラダがいうことをきかなくなったために、
主人から捨てられそうになったり、殺されそうになったり、
食べられそうになったり、スープにされそうになった、ろば、
いぬ、ねこ、おんどりは、長年、仕えてきた主人から逃げ出し、
町の楽隊に雇ってもらうためにブレーメンの町を目指します。
旅の途中、この四人組の楽隊仲間は、森の中で泥棒の家を見つけます。
家の中にはごちそうがありました。四人組はどろぼうを追っ払って中に
入り込み、ごちそうをたらふくお腹につめこみます。
果たしてこの四人組の動物たちはブレーメンの町に辿り着けるのか…?
グリム兄弟の名作をオーディオブックでお楽しみください!


□ 著者:
グリム兄弟(Grimm, Jacob Ludwig Carl/Grimm, Wilhelm Carl)
19世紀にドイツで活躍した言語学者・文献学者・民話収集家・文学者の兄弟。
出生地はドイツ連邦共和国ヘッセン州ハーナウ。通常、グリム兄弟という
場合は6人兄弟のうちの長兄ヤーコプと次兄ヴィルヘルムの二人を指す。
ちなみに末弟ルートヴィッヒ・グリムはグリム童話集初版の挿し絵を
描いている。


□ 翻訳者:
楠山正雄(くすやま・まさお)
東京銀座生まれ。早稲田大学時代に坪内逍遙や島村抱月に師事。
大学卒業後の1907(明治40)年、早稲田文学社に入り、編集者としての
キャリアを始める。そして読売新聞社を経て、 1910(明治43)年、
冨山房に入社。そこで「新日本」の編集主任として励むかたわら、
一方で逍遙の「文芸協会」に参加し、評論あるいは翻訳劇脚本家として
活躍する。文芸協会解散後も抱月の芸術座に続いて参加し、しばらく
編集者と演劇人の二足のわらじを履いていたが、1915(大正4)年、
冨山房社長の命を受け、「模範家庭文庫」の担当となる。親交のあった
岡本帰一にヴィジュアル面を託し、他人の原稿を編集するうち、
児童文芸への意識が高まっていく。やがて自らも文庫の執筆に
手を出し、また児童向けの創作や翻訳も意欲的に行う。




□ 商品詳細
[ダウンロード版] MP3 約17分 1ファイル 500円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048029900008

[CD版] CD1枚/約17分 840円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775926246



□ 底本:
「世界おとぎ文庫(グリム篇)森の小人」小峰書店
 1949(昭和24)年2月20日初版発行
 1949(昭和24)年12月30日4版発行


※ インターネットの図書館 青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    【制作部雑記】  耳で読む..。o○...。o○
                ...。o○...。o○
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

今日から、文化の日をはさんでの、11月9日までの2週間が
読書週間だそうです。

“読書の力によって、平和な文化国家を作ろう”
という旗印のもと、『読書週間』が開催されます。
今回で第62回目だとか。

そして、2008年第62回読書週間の標語は、
 「おもわぬ出会いがありました」
だとか。

読書はまさに出会いです。
そんな出会いがあるといいですね。


ちなみに、『読書週間』が始まる今日、10月27日は
「文字・活字文化の日」に制定されたそうです。

秋の夜長は欲張って、活字文化だけではなく、
耳から楽しむ読書のほうにも手を出してみてはいかがでしょうか。
電子メディアによる思わぬ出会いがあるかも、です。




・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling