携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0126】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本日のお薦め」は、坂口安吾の『予告殺人事件』のオーディオブックです。
(山下)


この話の中で言われている予告殺人とは、
戦争での爆撃被害のことです。

爆弾焼夷弾雨霰…。

なぜ、今回この作品をお薦めするかというと、
今日が8月15日だからです。

63年前の焼跡から立ち直った、平成の現在、猛暑の日本。
オーディオブックに耳を傾けてください。



………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………
□ タイトル:『予告殺人事件』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048007900006


□ 内容:
ここで言われている予告殺人とは、戦争において使われた
原爆や空襲のことである。
「国民の楽天性はとてもアメリカの爆弾だけでは手に負えまい。」
(本文引用)
アメリカと日本の風土の違いを比べ、日本が戦時中にどんな心持ちで
生活を送っていたかなど、日本人特有の性分をユーモアと皮肉を込めて描く。



□ 著者:
坂口安吾(さかぐち・あんご)
小説家。本名は炳五(へいご)。新潟市西大畑町に生まれる。
幼稚園の頃より不登校になり、餓鬼大将として悪戯のかぎりを尽くす。
1926(大正15)年、求道への憧れが強まり、東洋大学印度哲学科に
入学するも、過酷な修行の末、悟りを放棄する。1930(昭和5)年、
友人らと同人雑誌「言葉」を創刊、翌年6月に発表した「風博士」を
牧野信一に絶賛され、文壇の注目を浴びる。その後、「紫大納言」
(1939年)などの佳作を発表する一方、世評的には不遇の時代が続いたが、
1946(昭和21)年、戦後の本質を鋭く把握洞察した「堕落論」、「白痴」の
発表により、一躍人気作家として表舞台に躍り出る。戦後世相を反映した
小説やエッセイ、探偵小説、歴史研究など、多彩な執筆活動を展開する一方、
国税局と争ったり、競輪の不正事件を告発したりと、実生活でも世間の注目を
浴び続けた。1955(昭和30)年2月17日、脳溢血により急死。享年48歳。
小説の代表作は「紫大納言」「真珠」「白痴」「桜の森の満開の下」
「夜長姫と耳男」など。エッセイの代表作は「FARCEに就て」
「文学のふるさと」「日本文化私観」「堕落論」「教祖の文学」など。
(青空文庫より)




□ 商品詳細
[ダウンロード版] MP3 約6分 1ファイル 525円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048007900006



□ 底本:「坂口安吾選集 第十巻エッセイ1」講談社
     1982(昭和57)年8月12日第1刷発行
底本の親本:「東京新聞」
     1945(昭和20)年8月12日号
初出:「東京新聞」
     1945(昭和20)年8月12日号


※ インターネットの図書館 青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)





■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    【制作部雑記】   玉音放送...。o○...。o○
                ...。o○...。o○
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

8月6日広島、8月9日長崎。ソ連参戦もあり、
15日「終戦の詔勅」が発せられ、日本は無条件降伏、終戦に。

天皇が詔書を朗読したものをレコード盤に録音させ、
ラジオで放送。これまで一般には誰も聞いたことがなかった
天皇の肉声(玉音)が電波に乗って放送された。

1945年(昭和20年)、今から63年前の話である。
日本史では、近代と現代の区切りとなる年でもある。

63年経った今、世界は平和になったのか…。



『戦争を知らない子供たち』

戦争が終わって僕等は生まれた
戦争を知らずに僕等は育った
おとなになって歩きはじめる
平和の歌をくちずさみながら
僕等の名前を覚えてほしい
戦争を知らない子供たちさ

若すぎるからと許されないなら
髪の毛が長いと許されないなら
今の私に残っているのは
涙をこらえて歌うことだけさ
僕等の名前を覚えてほしい
戦争を知らない子供たちさ

青空が好きで花びらが好きで
いつでも笑顔のすてきな人なら
誰でも一緒に歩いてゆこうよ
きれいな夕陽の輝く小道を
僕等の名前を覚えてほしい
戦争を知らない子供たちさ

作詞:北山修 作曲:杉田二郎 編曲:馬飼野俊一



「戦争を知っている大人たち」、
「『戦争を知らない子供たち』を知っている自分たち」、
「『戦争を知らない子供たち』を知らない子供たち」、
が混在する現在。

何が語り継がれ、何を語り継ぎ、何を学んできたのか。
何を学んでいくのか。

今も世界のどこかで戦争が行われている。
世界で唯一、核戦争後の社会である日本だからこそ
発信できる何かがある気がする。
それを考えなくてはいけない。


忌野清志郎氏がボブ・ディランの『風にふかれて』を
日本語訳で歌ってくれている。

どれだけ遠くまで歩けば大人になれるの?
どれだけ金を払えば満足できるの?
どれだけミサイルが飛んだら戦争が終わるの?
いつまで追っかけられたら静かに眠れるの?
どれだけテレビが歌えば自由になれるの?
いつまでニュースを見てたら平和な日が来るの?
どれだけ強くなれたら安心できるの?
どれだけ嘘をついたら信用できるの?
いつまで傷つけ合ったら仲良くできるの?
どれだけ風が吹いたら解決できるの?
どれだけ人が死んだら悲しくなくなるの?
どれだけ子供が飢えたら何かが出来るの?
その答えは風の中さ 風が知ってるだけさ


「『戦争を知らない子供たち』を知っている自分たち」が、
風の中に答えを見つけなければならない役回りにある気がする。


8月15日に、ピース&ラブを希求しながら…。






・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・



「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling