携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

熊谷充晃/彩図社 教科書には載っていない 戦争の発明

[オーディオブック] 教科書には載っていない 戦争の発明

熊谷充晃, 彩図社
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 320分44ファイル 倍速付き 2022年2月発売
本体 1,200円  税込 1,320円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生 3から10分程度無料で試聴できます。

内容紹介

身近な発明は戦争から生まれた

・インターネットは核攻撃に備えて作られた
・闇夜の中で作戦書を読むために作られた点字
・抗癌剤は毒ガス開発をきっかけに生まれた
・戦争への備えだった消費税が争いの原因に



――――はじめに より抜粋――――――

現在の日本において、戦争は狎簑舒瓩箸気譴討い襦
なるほど、ひとたび戦争となれば当事国の兵士は殺し合いをしなければならず、関係のない一般市民が犠牲になることも少なくない。戦争が終結してもゲリラやテロリストの活動は続き、場合によっては言論・文化活動にまで影響が及ぶ。
こうした戦禍から、戦後日本を守ってきたのが、侵略戦争を禁じた「日本国憲法」の第9条だと主張する勢力はもちろんのこと、憲法9条を改正すべきだとしている人々も、それはあくまでも「日本が戦争に巻き込まれないための予防措置」だと言っている。
このように、戦争は絶対に引き起こしてはいけない忌むべきものであり、人類に不幸しかもたらさないと、思想信条を問わず皆がそう考えている。
しかし、あえて言いたい。
これまで世界で起きた戦争によって、私たちにもたらされた良いことがひとつある。
人類が生活するなかで、当たり前にお世話になっている数々の製品――時間を知るために必要な「腕時計」、冬に便利な「トレンチコート」や「ダッフルコート」、食生活には欠かせない「電子レンジ」や「缶詰」、できることならお世話になりたくない「救急車」――実は、これらはすべて戦争によって普及した“戦争の発明”なのである。

(中略)

本オーディオブックは、そうした私たちの身の回りの“戦争の発明”について、その発明の意外な経緯や、戦争との関わりについて、たっぷりと紹介・解説するものである。

目次

はじめに

第一章 戦争が発明したテクノロジー

01【大量に人と物資を運んで戦争の規模を変えた】鉄道
02【もともとは大砲の運搬車だった】自動車
03【塹壕戦に対抗する存在だった】飛行機
04【世界で初めて開発された抗生物質】ペニシリン
05【Uボートに対抗するために開発された】魚群探知機
06【メガネからブラジャーまで自由自在】形状記憶合金
07【毒ガスから一転、治療薬に】抗癌剤
08【情報を瞬時に遠方に伝える】電信
09【ナチス・ドイツ渾身の近代兵器】ロケットエンジン
10【米ソ冷戦激化のたまもの】人工衛星
11【熾烈な情報戦の産物だった】コンピュータ
12【核攻撃に備えて開発された?】インターネット
13【大量破壊兵器から平和利用へ】原子力エネルギー

第二章 戦争をルーツに持つ日用品

14【筆記文化に革命をもたらした】ボールペン
15【夏の風物詩は実は……】花火
16【あれもこれも戦争発のモード】ファッション
17【前線兵士を救うために生まれた】救急車
18【暗号が障がい者福祉に】点字
19【日本人のお腹を満たす戦争の発明】電気炊飯器
20【敵陣を偵察するドローンだった?】凧
21【国民食普及の背景】カレーライス
22【遠征のために発明された】携行保存食
23【戦場で時を刻んだ】腕時計
24【殺人光線でこんがり焼きあがる】電子レンジ

第三章 戦争によって生まれたシステム

25【効率良く敵を殲滅するために】戦法
26【民族紛争が創り出した概念】ヨーロッパ
27【国民を統合する旗印】ナショナリズム
28【戦争継続のために生まれた】国債
29【公正・中立・独立の組織】赤十字社
30【戦争への備えが争いの原因に】消費税
31【あなたも絶対お世話になっている】戦前日本の諸制度
32【協調への試行錯誤】国際連合

第四章 戦争と偉大な発明者たち

33【「軍隊」の発明者】ガイウス・マリウス
34【近代の幕を開けた天才】ナポレオン
35【人類に翼を与えた2人】ライト兄弟
36【「神の意思」が生んだ殺戮兵器】リチャード・ガトリング
37【無限軌道発明者のひとりだが…】ランスロット・モール
38【化学兵器の父の苦悩】フリッツ・ハーバー
39【死の商人が最後に願ったこと】アルフレッド・ノーベル
40【世界の破壊者となった天才】オッペンハイマー
41【天才数学者の悲哀】アラン・チューリング

おわりに

関連商品


一般人は入れない 立入禁止地帯
[著]歴史ミステリー研究会編
1,200円+税


日本列島のヤバイ話
[著]歴史ミステリー研究会編
1,200円+税


本当は怖い日本のしきたり
[著]火田博文
1,200円+税


本当は怖い京都の話
[著]倉松知さと
1,200円+税


日本の成り立ちが見えてくる 古事記99の謎
[著]古代ミステリー研究会編
1,200円+税

ミステリー・サブカル関連

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 42 km、2560 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 熊谷充晃, 彩図社

戻るトップページへ