携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

江戸川乱歩 ぺてん師と空気男

[オーディオブック] ぺてん師と空気男

江戸川乱歩
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 335分22ファイル 2020年3月発売
本体 500円  税込 550円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? |

内容紹介

野間五郎は物忘れの天才であり、友人から「空気男」と呼ばれている。

野間はある日なんとなく乗った列車で、メフィストフェレスさながらの風貌の黒服紳士に出会う。何も活字が印刷されていない本をニヤニヤ笑いながら読んだり、口の中から常に紐を垂らしていたりする妙な男であった。気になった野間は彼が列車を降りてからも、後をつけるが、あっさりと尾行に気づかれてしまう。

彼の名は伊東錬太郎といい、プラクティカルジョークの名手――すなわち「冗談のいたずら」の達人だった。
伊東に興味を持った野間はプラクティカルジョークの魅力に開眼し、いつしか二人してプラクティカルジョークを実践していくようになった。

周囲をけむに巻きながら、その語り草となっていくようないたずらを仕掛けることに、野間はすっかり夢中になっていった。

その傍ら野間は美しい伊東の妻・美耶子に心奪われていく。
夫のある身と知りながら、その不思議な魅力に溺れていくのだが……

江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。

関連商品


[オーディオブック]
夢遊病者の死

[著]江戸川乱歩
500円+税



[オーディオブック]
疑惑

[著]江戸川乱歩
500円+税



[オーディオブック]
鏡地獄

[著]江戸川乱歩
500円+税


[オーディオブック]
人間椅子

[著]江戸川乱歩
500円+税


[オーディオブック]
黒蜥蜴

[著]江戸川乱歩
1,000円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 44 km、2680 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 江戸川乱歩

戻るトップページへ