携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

城谷歩 実説 城谷怪談 撰集五十二

[オーディオブックCD] 実説 城谷怪談 撰集五十二

城谷歩
パンローリング
CD 2枚 127分 2020年7月発売
本体 2,000円  税込 2,200円  国内送料無料です。
この商品は 本日 発送できる予定です。 (発送可能時期について)

  

サンプル再生ダイジェストでお楽しみいただけます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには? | DL版

実説 城谷怪談

老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介

「襖の人影」(33分)
体験者女性の母、光枝さんが古い二階家の戸建てを借りて、新生活を始めたばかりの事。
ご主人が夜勤で留守の深夜になると決まって階下から誰かがギシギシと音を立てて階段を上って来て寝間のふすまの前にたたずむ気配がある。同居している階下の父かとも思ったがどうやら違う。
そればかりか父も同じタイミングで深夜誰かに揺り起こされたり台所から物音が聞こえるという。
どうやら問題は一階の客間のふすまにある大きな人型の染みだったのだが...。

「高女」(37分)
城谷の体験。怪談師になってから周囲で奇妙な出来事が頻発するようになったのはもう8、9年ほど前から。
ある晩のこと、横で寝ている妻が突如笑い出した。思い出し笑いでもしているのかと思いきや表情はむしろ苦しそうで、声をかけても一向に返事がない。
ようやく落ち着いたかと思うと突進するように今度はこちらの布団に潜り込んできて暴れ出した。必死に起こすと当人は泣きながら「金縛りにあい気味の悪い女が枕元に座り込んで...」と。
直後城谷も同じ女に覗かれたのだが、それから今日に至るまでずっと憑いてきていたのではないかという未知の存在を目の当たりにする。

「つきまとう者」(29分)
京都市亀岡に住まいしている阪本さんは、幼馴染のKちゃんとRちゃんという双子の姉妹に長年悩まされることになった。
家が近所という理由だけで幼いころはよく遊んだが、双子はどこか意地悪くあまり楽しいという思いはしなかった。
進学しだんだん疎遠になっていったのだが、節目節目で奇異な再会を果たし、次第に友人というより自分を敵対視しているような気がしていた。
大人になってRちゃんが新型インフルエンザで急逝してしまったと知らせがあってから阪本さんは綺麗な景色のおかしな夢を見るようになった。
そしてそのちょっとすると美しい夢が怨念の籠った現実となって彼女を苦しめることになる。

「赤いドレスの人形」(26分)
HNぽんすけさんという女性の体験。5年前にホームヘルパーとして担当していたのは古い三階建てに住んでいた、元スナックのオーナー店長のAさんという痴呆症のおばあさん。
体も弱っていていつも三階の居間にいて、ぽんすけさんは日に二回食事の世話をするのに出入りしていたのだが、二階の和室にある箪笥の上に飾られた沢山の人形が気になっていた。
Aさんは中でも赤いドレスを着た精巧なフランス人形がお気に入りだと話してくれるのだが、その人形が何とも言えず気味が悪い。そのまるで生きているかのような人形がある時、他のチームメイトとの間でも話題に上り、想像だにしなかった事実に直面する。

城谷 歩(しろたに わたる) プロフィール

1980年2月16日生 北海道小樽市出身
15歳から舞台演劇を中心に俳優活動を始める。
その後、劇団深想逢嘘(2000年〜2011年)を発足、主宰を務める。
様々な職種を経て2012年1月怪談師デビュー。怪談ライブバー スリラーナイト札幌本店で活動後、2014年から同六本木店オープンに合わせ上京。
外部出演、独演会開催、メディアへの出演多数。
2018年独立。公演情報などはHPにて。
http://shirotani-kwaidan.com
■メディア
・「所さんの目が点」
・「大人養成所バナナスクール」
・「Rの法則」
・「柴田阿弥の金曜thenight」
他多数

■書籍
・恐怖怪談「呪ノ宴」(竹書房 単著)
・怪談師恐ろし噺「裂け目」(竹書房 単著)

■DVD
・「怪奇蒐集者」(楽創舎)
・「六本木怪談 呪・祟」(楽創舎)

関連商品


実説 城谷怪談
「襖の人影」

[演]城谷歩
500円+税


実説 城谷怪談
「高女」

[演]城谷歩
500円+税


実説 城谷怪談
「つきまとう者」

[演]城谷歩
500円+税


実説 城谷怪談
「赤いドレスの人形」

[演]城谷歩
500円+税


実説 城谷怪談 撰集五十三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集五十二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集五十一
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集五十
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十九
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十八
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十七
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十六
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十五
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十四
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十一
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四十
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十九
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十八
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十七
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十六
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十五
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十四
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十一
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三十
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十九
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十八
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十七
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十六
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十五
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十四
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十一
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二十
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十九
[演]城谷歩
1600+税


実説 城谷怪談 撰集十八
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十七
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十六
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十五
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十四
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十一
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集十
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集九
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集八
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集七
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集六
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集五
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集四
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集三
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集二
[演]城谷歩
1600円+税


実説 城谷怪談 撰集一
[演]城谷歩
1600円+税

この商品の著者による商品一覧: 城谷歩

戻るトップページへ