携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

太田治子/石原広子/佐藤修/国書刊行会 紀行文学名作選 田山花袋〈みちのく、東北編〉  1

[オーディオブック] 紀行文学名作選 田山花袋〈みちのく、東北編〉 1

太田治子, 石原広子, 佐藤修, 国書刊行会
パンローリング
ダウンロード販売 MP3 146分 8ファイル 2021年3月発売
本体 3,500円  税込 3,850円

  

サンプル再生ダイジェストを聴いていただけます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには?

内容紹介

「私は、いろいろな懊悩、いろいろな煩悶、そういうものに苦しめられると、いつもそれを振り切って旅へ出た。それにしても旅は、どんなに私に生々としたもの、新しいもの、自由なもの、まことなものを与えたであろうか。旅に出さえすると、私はいつも本当の私となった」と田山花袋は語る。田山花袋が各地を訪ねて映しだす日本の原風景、美。みちのく、東北編。当時の雰囲気を大切にして、聴きやすく、秀でた話法により最良の「朗読」にてお届けします。

収録内容

<みちのく>
芭蕉の言葉に導かれ、新しき「奥の細道」を、独り、草鞋で、東北「みちのく」の旅に出る若き田山花袋。花袋紀行文集のプロローグ。

・並木つたい(東京、千葉、栃木、茨城、福島)
東京を出発、常陸の国の並木道を牛久沼、土浦、利根川、霞ヶ浦、筑波、水戸、大和田と経て、磯原の海に幻の「夫婦島」を見る。

・峠を越えて(青森、秋田、山形、岩手、宮城)
平潟、勿来の関、松川浦、松島、中尊寺、北上川、盛岡、国見峠を経て、秋田に入る。鳥海山を巡り、雄物川を越えて母の故郷である山形へ。

<東北>
・青森(八戸、浅虫温泉、青森、弘前)
花袋の紀行文の始まりは、八戸から。いきなり、亡くなった人に逢えるという恐山、浅虫温泉を経て、青森、弘前と往く。

・秋田(男鹿半島、象潟、秋田)
「男鹿半島の景色は日本一」だと土地の人は言う。だが、大河・能城川を筏で下る風情も日本一である。

・山形(酒田、鶴岡、天童)
山形には月山を仰ぎながら天童から入り、芭蕉の思いを探りながら、最上川、山形、鶴岡、酒田の街を往く。

・岩手(平泉、盛岡、厳美渓、岩手山、三陸海岸)
中尊寺を訪れ、北上川、盛岡、厳美渓を経て、三陸を海上から眺める。

・宮城(仙台、金華山、松島、阿武隈川)
鳴子の温泉地、塩釜の港、仙台の街、金華山、松島の景勝、阿武隈川の畔。伊達政宗と芭蕉が随所に現われる。

・福島(須賀川、郡山、会津若松、福島、飯坂温泉、勿来の関)
須賀川、郡山、会津若松、猪苗代湖、磐梯山、福島、飯坂温泉、勿来の関。福島は多様だ、中心がいくつもある。

太田治子 (オオタハルコ)

作家。神奈川県小田原市生まれ。紀行文「津軽」で婦人公論読者賞受賞。作品に「言いだしかねて 父、太宰治そして愛、家庭を語る」(主婦の友社)、「花の見た夢」、「風の見た夢」(講談社)、「小さな神さま」「明るい方へ 父・太宰治と母・太田静子」 (朝日新聞社)他多数。近刊「夢さえみれば──日本近代洋画の父・浅井忠」(朝日新聞社)

石原広子 (イシハラヒロコ)

新劇女優。日本朗読人協会

佐藤修 (サトウオサム)

演出家。日本朗読人協会

関連商品


[オーディオブック]
おくのほそ道

[著]松尾芭蕉
1,200円+税


[オーディオブック]
太宰治名作集

[著]太宰治
858円+税


[オーディオブック]
源氏物語(全五十四帖収録)

[著]紫式部,与謝野晶子
10,000円+税


[オーディオブック]
平家物語(全十三巻収録)

[著]作者不詳
4,500円+税


[オーディオブック]
夏目漱石名作集

[著]夏目漱石
10,000円+税


[オーディオブック]
方丈記

[著]鴨長明
1,200円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 19 km、1168 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 太田治子, 石原広子, 佐藤修, 国書刊行会

戻るトップページへ