携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

夏目漱石 明暗

[オーディオブック] 明暗

夏目漱石
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約1,057分 188ファイル 2020年7月発売
本体 2,000円  税込 2,200円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには?

内容紹介

三十歳の会社員である津田由雄は、会社の上司である吉川夫婦の仲人でお延を娶る。まだ結婚して半年程であるが、二人の夫婦仲はどこかぎこちないものであった。かつて津田は、吉川夫人に清子という名の女性を紹介され、二人は恋人となり将来を誓い合った。しかし清子は、ある日突然津田の前から去り、津田の友人であった関と結婚してしまう。ある日、津田は患っていた痔の手術のため、ようやく金を工面し入院する。津田は退院後、吉川夫人に勧められるまま、流産した清子が静養している湯治場へ足を運ぶのだった……。 『明暗』は、朝日新聞に1916年5月26日から1916年12月14日まで連載される。なぜ清子は津田の前から姿を消したのか————?津田の行き着く先は————?その謎が語られぬまま、作者である夏目漱石が病没したため、連載は188回までの未完となった。

夏目漱石(なつめ・そうせき)

日本の小説家、評論家、英文学者。森鴎外と並ぶ明治・大正時代の文豪である。1867年(慶応3)江戸牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)に生まれる。本名は夏目金之助。東京帝国大学英文科卒業後、東京高等師範学校、松山中学、熊本第五高等学校などの教師生活を経て、1900年、イギリスに留学。帰国後、第一高等学校、東京帝国大学の講師を務める。1905年、処女作『吾輩は猫である』を発表。翌年『坊っちゃん』『草枕』を発表。1907年、教職を辞し、朝日新聞社に入社。以後、朝日新聞に『虞美人草』『三四郎』『それから』『門』『彼岸過迄』『行人』『こころ』『道草』などを連載するが、1916年(大正5)12月9日、『明暗』の連載途中に胃潰瘍で永眠。享年50歳。

関連商品


倫敦塔
[著]夏目漱石
500円+税


吾輩は猫である
[著]夏目漱石
500円+税


草枕
[著]夏目漱石
1,500円+税


こころ
[著]夏目漱石
477円+税



[著]夏目漱石
477円+税


坊ちゃん
[著]夏目漱石
477円+税


夢十夜
[著]夏目漱石
477円+税


それから
[著]夏目漱石
2,500円+税

この商品の著者による商品一覧: 夏目漱石

戻るトップページへ