携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

芥川龍之介 芥川龍之介の猿蟹合戦

[オーディオブック] 芥川龍之介の猿蟹合戦

芥川龍之介
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約12分 1ファイル 2012年5月発売
本体 96円  税込 105円

  

マンスリープラン対象商品

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには?

あらすじ

かには自分がもっているおにぎりと
さるがもっている柿のたねを交換しました。

かにがたねをうえると……

かにの子どもはみごとにかたきをうちました。
めでたしめでたし。

の、その後の話。

仇を取った蟹の子らは、その後警官に捕まり投獄。
主犯の蟹は死刑、臼や蜂らは無期徒刑。これは事実である。
猿蟹合戦は「因果応報」の話だが、復讐は善ではない。

蟹の家族はその後どうなったのか。
妻は貧困のためか、性状のためか、売笑婦に。
長男は株屋の番頭か何かになった。
次男は小説家になった。
三男は、蟹よりほかにはなれなかった。
そんな三男が横ばいに歩いていると、おにぎりが落ちていた。
すると高い木の梢に猿が一匹――

芥川は最後にこう言います。

「語を天下の読者に寄す。君たちもたいてい蟹なんですよ」

芥川龍之介(あくたがわ・りゅうのすけ)

1892年(明治25)〜1927年(昭和2)。東京市京橋区生まれ。
大正時代を代表する小説家の一人。
東京帝大在学中に菊池寛、久米正雄らと共に同人誌『新思潮』刊行。
1915年(大正4)、代表作「羅生門」を発表。
様々な時代の歴史的文献を題材にとり、スタイルや文体を使い分け多くの
短編小説を執筆。「杜子春」「蜘蛛の糸」などの童話も有名。
1927年(昭和2)服毒自殺。享年35歳。

関連商品


[オーディオブック]
羅生門

[著]芥川龍之介
100円 (税込)


[オーディオブック]
藪の中

[著]芥川龍之介
100円 (税込)


[オーディオブック]
猿かに合戦

[著]楠山正雄
100円 (税込)


[オーディオブック]
芥川龍之介の桃太郎

100円 (税込)

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 1 km、96 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 芥川龍之介

戻るトップページへ