携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

うまいことやる習慣
消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法
城谷怪談
仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン
平家物語
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
上方落語 桂文我 ベスト ライブシリーズ1
昔話日本一
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

ファンキー中村 ひとり怪談 第八話「上から見てる」

[オーディオブック] ひとり怪談 第八話「上から見てる」

ファンキー中村
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約10分 1ファイル 2009年11月発売
本体 96円  税込 103円

  

マンスリープラン対象商品

100円で聴く怖い話シリーズはこちら

サンプル再生3から10分程度無料で試聴できます。

オーディオブック(音声ブック) を聴くには?

ひとり怪談 〜ファンキー中村の怪奇独話〜 第八話「上から見てる」

悪質犯罪、孤独死、集団自殺―
怪談もまた現代の闇を映し出す鏡である。

多くの怪奇現象に遭遇し続けてきた怪談師・ファンキー中村は言う「怪談は人の死であり、現世に対する命の叫びでもある」と。
その言葉を裏付けるかのような彼の周りで起こる不可思議な現象の数々は、人間がそこに生きていたという証と、
私達も彼らと同じ人間という生き物であることを強く思い知らされる。
体という物体がなくなり、思念だけが残ったモノたちはどこへいくのだろう。
そんなモノたちの思念の数々をファンキー中村自らの語りで思う存分感じていただきたい。

最後に、これだけは誤解しないでいただきたい。
怪談とはただの怖い話ではなく、恐ろしくも悲しく、とても後ろめたい話なのだ。

■商品内容

ある年の夏、友人から電話があり数十人で心霊スポットに行くことになった。
丘の上に立つ白い灯台のようなその場所に着き、仲間大勢が下で見守る中数人でその塔を上っていくと最上階に辿り着いた。
おかしな気を感じるその部屋の窓から下で待つ仲間たちに手を振っていると、
突然下にいた仲間たちが悲鳴をあげて走り去って行ってしまった。
よく分からないまま自分たちも螺旋階段を下に下りていると、
さっきまでいた部屋で物音がして自分たちの後を足音が追いかけてきた…

■著者紹介

ファンキー中村(ふぁんきー・なかむら)
怪談師・フリーライター。
アメ車に詳しく20年近く車雑誌でライター活動を行う。
北海道出身、沖縄、東京で幼少期をおくり、膨大な怪異体験を持つ。

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 1 km、80 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

そのほかのお薦め

[オーディオブック] 怪奇授業 第一章 「赤い服の女」編

山口敏太郎 パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約17分 1ファイル 2009年11月発売
103円 すぐ発送
[オーディオブック] 学校「裏」怪談

山口敏太郎/マガジンランド パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約235分 64ファイル 111MB 2009年7月発売
1,543円 すぐ発送

この商品の著者による商品一覧: ファンキー中村

戻るトップページへ