でじじ

トップかごを見るご注文状況このページのPC版


宇野直人 知っておきたい 日本の漢詩 第十二回 安らぎを求めて――夏目漱石

[オーディオブック] 知っておきたい 日本の漢詩 第十二回 安らぎを求めて――夏目漱石

宇野直人
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 52分 1ファイル 2019年7月発売
本体 1,000円  税込 1,100円
Tweet

マンスリープラン対象商品

内容紹介

漢字一つ一つが持つ個性的な形と意味、それらの組み合わせからさまざまにひろがってゆく境地が幻想的でもあり、夢のようでもある「ファンタスティック」な漢詩。

時代背景や作者の境遇を交えた色彩豊かな漢詩の魅力に溢れる講義です。


このシリーズは日本の漢詩について、さまざまの立場で歴史の舞台に登場した人々にスポットをあて、その作品と人生を解説する、という方式で進めてまいります。

日本人の伝統詩歌としては、漢詩・短歌・俳句があげられるでしょう。この三形式のなかでは、親しまれた期間の長さにおいても、創作の歴史の長さにおいても、漢詩が抜きんでています。何しろ日本人は既に飛鳥時代、つまり七世紀後半ごろから、漢詩を「読む」だけではなく、「自分で作る」という段階に入っていました。以来、今日まで千三百年以上にわたり、漢詩は日本人の心を表す形式として親しまれているのです。

漢詩に表れた日本人の心、その特質は何かと言えば、それは「公と正義の感覚」ということになります。花鳥風月や、男女の心の機微は、漢詩では最も重要な関心事にはなりません。そうではなく、社会がどうあるべきか、それを目指す中で個人はどうふるまうべきかを模索し、その考察の結果やそれに伴うさまざまの感慨を表現する、それが漢詩の本道です。

このシリーズによって、そのような漢詩の魅力と奥深さを少しでもお伝えすることができれば幸いです。

第十二回 安らぎを求めて――夏目漱石
夏目漱石(1867〜1916)は、もちろん、森鷗外とともに日本の近代文学を確立した大家ですが、漢詩人としても独自の個性を発揮し、大きな足跡をしるしています。
彼は小学校時代から漢詩文や中国美術を好み、漢学塾の二松学舎(にしょうがくしゃ=今日の二松学舎大学の前身)に学びましたが、帝国大学(東京帝国大学の前身)では英文学を修め、卒業後は松山や熊本で教壇に立ちました。34歳の時イギリスに留学し、帰国後、教職のかたわら創作への意欲を強め、30代の終わりから創作に専念、評論や講演も手がけました。
漢詩の作風から見ると、次の四期に分けることができます(和田利男『漱石漢詩研究』による)。第一期(洋行以前)=十代半ばから、イギリスに留学する34歳まで。第二期(修善寺大患の時期)=44歳の秋から四か月間。第三期(南画趣味の時期)=46歳から48歳のころまで。第四期(『明暗』執筆時)=『明暗』を執筆・連載中の50歳、生涯最後の年。

収録作品

無題

菜花黄 明治三十一年三月

無題 明治四十三年九月二十日

春日偶成十首 其七

春暁 孟浩然

無題 十一月十九日

特典ダウンロード

ご購入のお客様への特典として、

各回の収録作品を掲載した「知っておきたい 日本の漢詩」ミニテキスト(PDFデータ)

が付属しています。

※商品版の音声と一緒にダウンロードいただけます。

講師:宇野直人(うの・なおと)

昭和二十九年、東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。現在、共立女子大学国際学部教授。著書に『中国古典詩歌の手法と言語』(研文出版)『漢詩の歴史』(東方出版)『漢詩の事典』(共著、大修館書店)など。平成十九年、NHKラジオ「古典講読――漢詩」講師、平成二十年より同「漢詩をよむ」講師。

関連商品


ファンタスティック!漢詩ワールド「李白 第一回 習作のとき」
宇野直人
600円+税


ファンタスティック!漢詩ワールド「杜甫 第一回 大志ありて」
宇野直人
600円+税


[CD]
中国の古典 唐詩を読む

[監修]渡部英喜/[朗読]森繁久彌
2,300円+税


[CD]
中国の古典 論語を読む

[著]謡口 明/日下武史
3,300円+税


聴く歴史・海外『ファースト・エンペラー 秦始皇帝』
[解説]鶴間和幸
762円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 6 km、416 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 宇野直人

トップページへ