携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

15th
カーネギー
SPレコード落語特選 初代桂春團治編
夏目漱石名作集
城谷怪談
稲森夜話
昔話日本一
こども落語
山本周五郎
江戸川乱歩
星新一
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

中井常蔵 中井常蔵「稲むらの火」

[オーディオブック] 中井常蔵「稲むらの火」

中井常蔵
パンローリング
マンスリープラン対象商品 ダウンロード販売 MP3 約7分 1ファイル 2017年2月発売
本体 500円  税込 550円

  

マンスリープラン対象商品

内容紹介

稲むらの火は1854年に起こった安政南海地震による津波から、機転により村民の多くの命を救った人物を元にしたお話です。主人公の名は五兵衛、元になった人物は濱口儀兵衛、現ヤマサ醤油の当主です。

五兵衛は、これまで体験したことのない地震の後、海面の異常な動きに気がつく。ひとり津波の襲来を予感した五兵衛は、村人たちに危険を知らせるために動き出す。そうして、刈り取ったばかりの大事な稲束に思い切って火をつけた。日は没し、海水が沖へと退き津波の足音が間近に迫るころ、明々と燃える稲むらの火に村人たちは気がついた…。

稲むらの火のお話は、地震後の津波への早期警戒と避難の大切さ、自己犠牲の精神を教えます。実話を元に1896年に小泉八雲が、人命救助のために偉業を成した人物として英語で海外に紹介します。それを読んだ中井常蔵が再話、1937年から国語教材として教科書に掲載されました。

八雲によって海外にも知られていることもあり、2004年のスマトラ島沖地震、2005年のインド洋大津波の際にも注目され、2015年には稲むらの火の元となった11月5日を「世界津波の日」と国連によって制定されました。

関連商品


谷崎潤一郎「陰翳礼讃」
[著]谷崎潤一郎
500円+税


吾輩は猫である

[著]夏目漱石
500円+税


高瀬舟

[著]森鴎外
500円+税


高野聖

[著]泉 鏡花
500円+税


刺青

[著]谷崎 潤一郎
500円+税

本オーディオブックを全部走りながらお聴きいただいたら、約 0 km、56 kcal 消費できます。 ランナー向け情報について

この商品の著者による商品一覧: 中井常蔵

戻るトップページへ