携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で じ じ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.569】
■携帯 http://www.digigi.jp/i/
■PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆「文藝春秋 文化講演会」シリーズ新作配信開始◇◆

「文藝春秋の文化講演会」シリーズ新作、
宮本輝「小説が生まれる時」、長部日出雄「人生の転機」の配信を
開始しております。(日本音声保存提供)

お二方の講演、どうぞお楽しみ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※2015年9月2日(水)配信開始 ----------------------------

▼ [オーディオブック] 宮本輝「小説が生まれる時」
http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=2048419300005
(1993年 宮崎県 菊池寛生誕百周年記念講演会より)

<内容> ---------------------------------------------

紆余曲折、波乱万丈の時代を経て文筆を志すようになったある日、
師との出会いによって宮本輝は小説家としての人生を輝かせてゆく。

冗談とも本気ともつかないニュアンス豊かな関西弁が会場に爆笑の渦を巻き起こす。

<目次> ---------------------------------------------

●仕事は仕事や
●どうやって書くんやろ
●雨が降ったら
●生と死以外ないな
●ぎょうさんの星
●心の中には

<宮本輝(みやもとてる)> ----------------------------------------

兵庫県生まれ。幼少期、複雑な家庭環境のなか小説の魅力に目覚めるも
作家を目指すことはなく、大学卒業後、広告代理店に就職。一旦は
コピーライター職に就くが病気を機に退職、小説家を志す。独立独歩で執筆を
続けるうち作家の池上義一から薫陶を受け『泥の河』『螢川』を執筆。前者は
太宰治賞、後者は芥川賞を受賞し、作家として世に立つ。結核に悩まされるなど
困難を経てなお『星々の悲しみ』『流転の海』『優駿』など多くの作品を発表。
繊細に描かれた人間ドラマが熱心な読者に支えられている。

<宮本輝作品の朗読CD> ---------------------------------------------

漂泊する家族と幼い少年の出会いと別れを通じて、
生き抜くことの厳しさを比類ない優しさで綴った、宮本輝の初期代表作。

橋爪功による待望の原文完全朗読版。

▼ [オーディオブックCD] 泥の河
http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=9784108301665

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※2015年9月2日(水)配信開始 ----------------------------

▼ [オーディオブック]  長部日出雄「人生の転機」
http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=9784108301665
(1988年9月14日 鳥取市民会館 菊池寛生誕百周年記念講演会より)

<内容> ---------------------------------------------

会社員を辞して体験した危機―「宙ぶらりんの自分はいったい何者であるか」
全てを捨てて戻った津軽で、いかにして泥沼から抜け出したか。

長部の腹の底から捻り出すような津軽弁には人を勇気づける力がある。

<目次> ---------------------------------------------

●名刺の裏っかわ
●あいでんてぃてぃ
●もうひとつの外国語
●一生にいっぺん
●自分だけの看板
●植物みたいなとこ

<長部日出雄(おさべひでお)> ----------------------------------------

青森県生まれ。早稲田大学を経て雑誌『週刊読売』の記者、『映画評論』編集者、
フリーの文筆家へと転身する。1973年に『津軽じょんから節』『津軽世去れ節』が
直木賞を受賞。その後も『鬼が来た棟方志功伝』『桜桃とキリスト―もう一つの
太宰治伝』などで数々の賞を受賞。ルポルタージュ的な筆致により津軽の風土と
そこに暮らす人々の心情を重ね合わせた著作が高い評価を受けた。活躍の範囲は
文筆業にとどまらず、自らメガホンを握り映画『夢の祭り』を製作、またフジテレビの番組
『テレビくん、どうも!』に出演するなどユニークな人柄が親しまれている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===========================

「digigi公式 Facebookページ」

新刊や割引情報を、dididi公式Facebookページで発信中です。

digigi公式 Facebookページは、こちらからアクセスください
↓↓↓
https://www.facebook.com/digigi.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===========================

オーディオブック (音声コンテンツ)編集者、朗読家(ナレーター)、
制作スタッフを募集しております。ご応募以外のご相談にも応じますので、
ご遠慮なくお気軽にご連絡ください。応募される方は、希望の職種を
お書き添えの上、職務経歴書を電子メールにてお送りください。

「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
「オーディオブック目録や発売タイトルに関する資料が欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp

※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index#reg から
解除をお願いいたします。

------------------------------------------------------(C) Pan Rolling