携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で じ じ の 新 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0297】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ でじじの週替わり無料オーディオブックダウンロード □■
     http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?a=66143

※ 無料ダウンロードはでじじトップページ上部にございます。

登録不要。クオリティの高い名作朗読オーディオブックを
あなたのプレイヤーにダウンロードして試しに楽しんでみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日お勧めする1冊はこれです!

トヨタの不祥事を連日メディアが書きたてていますね。

今回の騒動。いったい本当のところどうなんでしょう。

諸説あり、本当のところは正義の
アメリカ合衆国様が明らかにしてくれるのでしょうね。

免許を取ってから15年近くTOYOTAユーザーであった私が抱く
TOYOTAに対する印象や、昨年新車でプリウスを購入した
友人の話などを統合しても、本当にTOYOTAの法的な責任や、
ここまで非難されるほどのことなのかと、
ちょっと首を傾げてしまいます。

しかし、事件は必ず多面的な要素を持ち、
必ずしも絶対正義ではないであろうことは想像がつく。。。

今回お送りするのはそんなTOYOTAを変わった視点で
切って切って切りまくった一冊の続編です。

週間金曜日が刊行した本書は是非セットで聴いていただき、
TOYOTAの普段垣間見えない姿を知る一助として欲しいです。

TOYOTAがピンチのこんな時だから、逆に「へぇ〜」って
聴いてみるのも面白い一冊を選んでみました。

信じるか信じないかはあなた次第です。


-◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-
□ タイトル:『 続トヨタの正体 』
※無料試聴サンプルはこちら↓
  http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=2048086300001


□内容:
クルマ好きは読むべからず。トヨタ社員は幸せなのか。
トヨタを震撼させたベストセラーの第2弾。
抜群の迫力と抜群のおもしろさでトヨタを描く。
トヨタを震撼させたベストセラー第2弾。
抜群の迫力と抜群のおもしろさでトヨタを描く。
トヨタの「大きさ」が何をもたらし、何をつぶしているか。
トヨタの社員は幸せなのか。トヨタイコール日本であり、
トヨタを知ることは日本をしることである。
この本はそのための絶好の教科書だ――佐高信

□目次:
1.便利が凶器に変わるとき―大量リコールは奥田碩社長時代の負の遺産
2.突然、燃える、暴走するトヨタ車―ドライバーに不利な交通事故の立証
3.モータージャーナリストの本音―なぜクルマ好きはトヨタを嫌うのか
4.トヨタの『不都合な真実』―本当に環境に優しい企業といえるのか
5.税金を燃料にして加速するトヨタ―間違いだらけのIMTSとプリウス称賛
  検証 自動車の最新環境技術―ハイブリッド車はそれほど評価できるのか
6.片山さつき氏は“トヨタ族議員”か―財政赤字を棚上げし、道路予算に執着する面々 

7.コスト削減が働き手に強いる犠牲―日本の将来をトヨタシステムに委ねるのか
8.愛知県人権真空地帯―トヨタグループ企業「偽装請負」動かぬ証拠
9.海外でも日本一の“政商”―イラクODAに食い込むトヨタと天下り財団
続・トヨタが嫌う男たち対談―GMは堕ちたトヨタが堕ちない理由がない(奥村宏×佐高信)


□ 商品詳細:
【ダウンロード版】MP3 約262分 24ファイル  1,200円 (税込)
 http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=2048086300001

【CD版】CD4枚 約262分 2,415円 (税込)
 http://www.digigi.jp/bin/showprod?a=66143&c=9784775923207


□ 底本案内:
※ 本商品は「続トヨタの正体」(金曜日刊 週刊金曜日著
   ISBN:978-4-906605-33-0 1,050円(税込))をオーディオ化したものです。
   (C)Syukan Kinyobi


□関連商品:
『トヨタの正体』
【ダウンロード版】MP3 約245分 56ファイル
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048055900003

【CD版】CD 4枚 約245分
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775928967


『新トヨタ主義の秘密』
【ダウンロード版】MP3 約320分 10ファイル 倍速付き
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048002300009

【CD版】CD 5枚 約320分
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775925133


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
     『本当のところはどうなんでしょ』
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

もう、普通の人々の頭の中から、少し風化しつつある
サブプライムローン問題に端を発した経済危機。

アメリカの金融・製造産業はバタバタと崩壊し、
その余波が世界中の企業に波及して行った。

私がTOYOTAから米国車に乗り換えたのが正にその渦中であった。

そのアメリカ三大自動車メーカーの内の一つが破綻に伴い、
国内のディーラーも閉店・統合が続く中、TOYOTAは意気揚々と
プリウスを売り続けてきた。

TOYATAの元営業さんも今までどおり、自信たっぷりに
『いつでも帰ってきてくださいね』と私に言ってのけた。


自動車はあらゆる産業の総合体として完成される商品であり、
自動車産業は国力を表すとも言われる所以であろう。

そんなアメリカの国力指標でもある三大メーカーが次々に弱体化する中、
泰然自若としがんばり続けたTOYOTAが今、危機に陥っている。

本当のところ、どうなんでしょ?

素人考えで誤解を恐れずに言ってみれば、
世界中でベストセラー車であるカローラや、ハイブリッドカーである
プリウスに本当にそんなにギャーギャー言うほどの欠陥があるのだとしたら、
国内や欧州でもとっくに大問題になっているのではなかろうか・・・。
周りを見渡しても、以前の三○自動車問題のようなそこまで大きな問題にはなっていない。

事実を見定めることってきっと本当に難しいです。

事実を虚飾して騒ぎ立てれば、虚飾の部分が真実になってしまうことがあります。

アメリカってそういうの得意ですから。


・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・

オーディオブック (音声コンテンツ)編集者、朗読家(ナレーター)、
制作スタッフを募集しております。ご応募以外のご相談にも応じますので、
ご遠慮なくお気軽にご連絡ください。応募される方は、希望の職種を
お書き添えの上、職務経歴書を電子メールにてお送りください。


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
「オーディオブック目録や発売タイトルに関する資料が欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index#reg から
解除をお願いいたします。

------------------------------------------------------(C) Pan Rolling