携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 新 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0215】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
新刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

■□ついにplaywalk(TM)が発売されます!□■
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775927205


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日の新刊紹介は『スイスプライベートバンク 上級ガイド』の
オーディオブックです。(山下)


世の富裕層は、“プライベート○○○”というものが
お好きなようです。
プライベートビーチにプライベートレッスン……。

そんな中でも特に敷居が高く感じられるプライベートバンクとやら。
われわれ庶民にとっては、デューク東郷が利用してる例のあれね、
という情報しかありませんが…。

いまはまだ…、やがては…、と願う、未来の富裕層にとって
オーディオブック『スイスプライベートバンク 上級ガイド』は必聴です。

もちろん、現在すでに富裕層である方にはピッタリの本作。
ここでしか得られない情報が満載です。

あなたもスイスプライベートPBを利用してゴルゴな気分に。



-◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-◇--◆-
□ タイトル:『スイスプライベートバンク 上級ガイド』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://ts/digigi/bin/showprod?c=2048046200006


□ 内容:
世界最高の資産運用と言われながら、その多くが謎に包まれている
スイス・プライベートバンク。独力で口座を開いた著者が、その実像を
伝えながら、具体的なコンタクトの取り方や口座開設のノウハウを
解説します。また、数多くあるプライベートバンクをタイプ別にし、
それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめ、自分に合った
プライベートバンクの選び方まで徹底指南。ここでしか得られない情報も
満載で、特に資産運用に悩んでいる富裕層は必読です!


□ 著者:
廣瀬神志(ひろせ・こうし)
プライベートバンク研究所(Private Banking Laboratory)代表。
スイス銀行(プライベートバンク)・個人向ポートフォリオ研究家、
通訳翻訳家、作家。慶応義塾大学卒業後(専攻:計量経済学)、
国内の大手企業に17年間サラリーマンとして勤務し、経理・財務・
国内海外営業・経営企画等を担当。また、企業派遣海外留学生として
5年間を英国国立レディング大学院(経営学修士・博士前期課程修了)
にて過ごす。


□ 商品詳細
[ダウンロード版] MP3 約350分 77ファイル 2,200円 (税込)
http://ts/digigi/bin/showprod?c=2048046200006

[CD版] 5枚 約350分 2009年2月発売 2,940円 (税込)
http://ts/bin/showprod?c=9784775927854


※ 本商品は「スイスプライベートバンク 上級ガイド」
  (総合法令出版株式会社刊 廣瀬神志著 1,600円+税)を
  オーディオ化したものです。



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    【制作部雑記】  我を守るは我なり..。o○...。o○
                ...。o○...。o○
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

永世中立を謳うスイスは“自国は自国で守る”というスタイル。

スイスには徴兵制度がある。
“国民皆兵”で、みな訓練を受ける。
どの家庭にも武器があるし、
どの家も地下には核シェルターがある。その普及率95%。
おまけに国土はアルプスという天然の壁で要塞化している。
非常事態が発生すれば6時間以内に30〜40万人の兵士が
動員できる態勢が普段からできている、とか。

自ら戦争を仕掛けることはないし、他国間が戦争していても参加しない。
でも、ふりかかる火の粉は待ったなしで振り払う、というスイス。

ここまでの準備と意識、そして力があって初めて
平和と自由を謳歌できるということであろう。
守るための暴力もあるのだ。と思う。

ただ単に戦争しませんと言っているわけではない。
どこかの国の“戦争放棄”と似ても似つかぬこの形。

学べきとことは、己の足で立つ、という心のあり方か。



クララのことを言っているわけではない…。


・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling