携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

いいかげんな落語
怪談図書館
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0166】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本日のお薦め」は、ポーの『黄金虫』のオーディオブックです。(山下)


“人間の知恵を適切に働かしても解けないような謎を、
  人間の知恵が組み立てることができるかどうかということは、
 大いに疑わしいな”



解読できない暗号文はない、というポーの主張が語られています。

史上初の暗号小説をオーディオブックでお楽しみください!




………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………
□ タイトル:『黄金虫』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048020000004


□ 内容:
原題は「The Gold Bug」。
エドガー・アラン・ポーによる推理小説である。
数学と心理を駆使して謎を解く鮮やかなステリー。
1843年6月に発表され、史上初の暗号小説としても知られている。

発見された羊皮紙を熱すると、次のような暗号が浮かび上がる。

「53‡‡†305))6*;4826)4‡.)4‡);806*;48†8¶60))85;1‡
(;:‡*8†83(88)5* †;46(;88*96*?;8)*‡(;485);5*†2:*‡
(;4956*2(5*―4)8¶8*;4069285);)6† 8)4‡‡;1(‡9;48081;
8:8‡1;48†85;4)485†528806*81(‡9;48;(88;4(‡?34; 48)4
‡;161;:188;‡?;」

海賊キャプテン・キッドの宝の隠し場所を示したものらしいということだが…。 どのようにこの暗号は解かれるのか…。 その後の推理小説に多大なる影響を与えた歴史的傑作です! 冷静な分析による見事な解読。謎解きをお楽しみください。 ※ 本作品は発表時の未熟な時代背景から、今日の社会では一般的でなく、   不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。しかし作品の   オリジナル性を最大限に尊重し、なるべく当時のまま忠実に再現することを   優先いたしました。 □ 著者: エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe) 1809年1月19日 - 1849年10月7日。アメリカ合衆国ボストン市生まれの 小説家・詩人。血液型はAB型。 1841年に発表された小説『モルグ街の殺人』には探偵のC・オーギュスト・ デュパンが登場し、史上初の推理小説と評価されることが多く、その後の 推理小説の発展に寄与した。また、ホラー小説の分野でも一時代を代表する 作家とみなされている。さらに作品に科学的事実を取り入れる手法はジュール・ ヴェルヌによって注目され、近代SF発展の一因ともなった。詩人としては、 自らの詩を解説しながら詩の構築を説いた『詩の原理』で、フランスの詩人、 ボードレール、ステファヌ・マラルメなどの象徴派の系譜に多大な影響を 与えた。 □ 商品詳細 [ダウンロード版] MP3 約142分 2ファイル 900円 (税込) http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048020000004 [CD版] CD2枚/約142分 1,575円 (税込) http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775925829 □ 底本: 「黒猫・黄金虫」新潮文庫、新潮社  1951(昭和26)年8月15日発行  1995(平成7)年10月15日89刷改版  1997(平成9)年11月25日93刷 ※ インターネットの図書館 青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/) ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□ 【制作部雑記】  ♪..。o○...。o○                 ...。o○...。o○ ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□ 黄金虫といえば…、 ♪ 黄金虫は金持ちだ 金蔵建てた蔵建てた 飴屋で水飴買つて来た 黄金虫は金持ちだ 金蔵建てた蔵建てた 子供に水飴 なめさせた ♪ ですね。幼い頃に聞いたことのある、あの暗いメロディーが浮かんできます。 きっと多くの世代の人たちが口ずさめることと思います。 最初のワンフレーズだけ…。 この「黄金虫」の作詞は、“オーディオブック通信【No.0073】”でも 少し紹介した、野口雨情氏です。 多くの童謡・民謡を世に出したことでとても有名な方です。 この歌の黄金虫はゴキブリのことだという説も。 確かにテカり具合は似てるかもしれませんが…。 まぁ、とにかく金持ちになるためには、セコセコ小さく勘定するな、 ということです。 “小金、無視は、金持ちだ” お粗末さまでした…。 ・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・ 「こんな本をオーディオ化して欲しい」 「こんなインタビューが聞いてみたい!」 「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」 オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。 パンローリング株式会社 マルチメディアコンテンツ制作部 http://www.digigi.jp/ info@digigi.jp ※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、 http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から 解除をお願いいたします。 ------------------------------------------------------(C) Pan Rolling