携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

カーネギー話し方入門
昔話日本一
いいかげんな落語
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0138】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本日のお薦め」は、『こぶとりじいさん』のオーディオブックです。
(山下)


右のほおにブラブラ大きな瘤をぶら下げて、
始終じゃまそうにしているおじいさんの話です。

日本の民話です。
世界にも似た話がたくさんあるようです。

ひょんなことから鬼たちの宴に参加することになった
おじいさん。

どのような結末が待っているかは、
オーディオブックでご確認お願いします。


欲のない者が得をし、欲張りが損をする!
…のか!?


………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………
□ タイトル:『こぶとりじいさん』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048026300009


□ 内容:
あるところに、片方は無欲で、もう片方は欲張りな
二人のおじいさんがいました。二人のおじいさんは
頬に大きなこぶがあり二人はとても困っていました。
ある夜、無欲なおじいさんが鬼の宴会に出くわし、
踊りを披露すると鬼は大変に気に入り、明日も
来るように命じ、明日来れば返してやる大きなこぶを
「すぽん」と取ってしまいました。それを聞いた隣の
欲張りなおじいさんが、それなら自分のこぶも
取ってもらおうと夜更けにその場所に出かけるが……



□ 著者:
楠山正雄(くすやま・まさお)1884〜1950
東京銀座生まれ。早稲田大学時代に坪内逍遙や島村抱月に師事。
大学卒業後の1907(明治40)年、早稲田文学社に入り、編集者としての
キャリアを始める。そして読売新聞社を経て、1910(明治43)年、冨山房に
入社。そこで「新日本」の編集主任として励むかたわら、一方で逍遙の
「文芸協会」に参加し、評論あるいは翻訳劇脚本家として活躍する。
文芸協会解散後も抱月の芸術座に続いて参加し、しばらく編集者と演劇人の
二足のわらじを履いていたが、1915(大正4)年、冨山房社長の命を受け、
「模範家庭文庫」の担当となる。親交のあった岡本帰一にヴィジュアル面を
託し、他人の原稿を編集するうち、児童文芸への意識が高まっていく。やがて
自らも文庫の執筆に手を出し、また児童向けの創作や翻訳も意欲的に行う。
1945(昭和20)年の終戦後は、様々な文化が復興の力に湧き、正雄も演劇界・
児童文芸界双方に尽力する。



□ 商品詳細
[ダウンロード版] MP3 約23分 1ファイル 500円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048026300009

[CD版] 1枚/約23分 840円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775926086



□ 底本:「日本の古典童話」講談社学術文庫、講談社
      1983(昭和58)年6月10日第1刷発行

※ インターネットの図書館 青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)




■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    【制作部雑記】   W85...。o○...。o○
                ...。o○...。o○
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

こぶとりさんへ

「男85センチ以上、女90センチ以上」

これが「内臓脂肪の蓄積」を表すという国内基準に決まったのは
2005年春のことである。

しかし、このメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の
診断基準が揺れている。らしい。
「健康な人まで病人に仕立てる恐れが…」との批判もある。

ちなみに米国は「男性102センチ以上、女性88センチ以上」が
メタボの基準になっている。

そもそも、メタボの診断基準は各国で異なっている。
つまり世界には複数のメタボ診断基準があるということだ。
だからと言って、安心してW85以上のままではよくない。
どうにかして改善していくのがいいだろう。

こぶとりじいさんはほっぺのコブを鬼の宴に参加して、
諸々あったが、取ってもらうことになった。
お腹のコブの取り方は、オーディオブック『こぶとりじいさん』に
ヒントが隠されているかもしれないし、
隠れていないかもしれない…。



・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・



「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling