携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

いいかげんな落語
怪談図書館
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0115】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆携帯☆⇒  http://www.digigi.jp/i/
   ★PC★⇒   http://www.digigi.jp/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

オーディオブック出版社のパンローリングが贈るメールマガジン、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
      -◆-◇ 編 集 者 オ ス ス メ の 一 冊!!  ◆-◇-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
**★**:;;;:**★**:;;;:**★**:;;;:**★**:;;;:**★**:;;;:**★****★**:;;;

こんにちは、辻尾です。

本日ご案内させていただくテーマは『 自己啓発 』です。 

自己啓発本は人生をより素晴らしいものにするための、誰もが必要としている大
人の教科書です。
真面目な人だからこそ真剣に考えすぎないために、寝る前や、休日などプライベ
ートな時間を活用して、焦らず、ゆっくり自分の道を探してみませんか?

そんな有意義な時間を送るためのお手伝いをさせていただければと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□■       パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク        ■□
■□            -◆-◇ 本 日 の 一 冊!! ◆-◇-        □■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◎本日の辻尾がおすすめするオーディオブックはこれです!◎

【ものわかりがいいリーダーを演じていませんか? 】

いじられ上手なコンサルタントの超プロが教えてくれる、「自分」と「仕事」を
改革する極上のバイブルです。

リーダーになる人にはそれだけの器が必要なのでしょうか?そのようなことはあ
りません。デキるリーダーになるための素質とは、自らが作り上げなければいけ
ないのです。

仕事をしている上ではリーダーになれることは誇れることであり、それを力にし
更に強い指導者になっていくのです。

あなたは本当のあなたを知っていますか?リーダーになるためには、まず自らを
知らなければなりません。そうでなければ、人に教えを説くことなどできないの
です。

この作品では、それらをわかりやすく説明してくれています。
たとえば、、、

『時間の使い方・知識の得方』 成果を出す方法を知ってください。
『仕事に対する姿勢』 大切にしてください。
『仕事の仕方』 楽しんでください。
『自分のこと』 よく理解してください。
『自分の価値観』 見つめなおしてください。

さて、すべてのアドバイスを素直にうけとめる心だけを用意して、このオーディ
オブックを聞いてみてください。


-*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----
           おすすめオーディオブック情報
-*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----

□ タイトル
『上司や部下に小言を言う前に デキる リーダー養成講座』

▼▼無料試聴サンプルはこちら▼▼ 
http://www.digigi.jp/prod/samples/2048024700009.mp3

□ 内容

デキるリーダーになるために、
「流行の難しい経営手法」を理解する必要はありません。
「流行の難しい最新技術」に精通する必要もありません。
自分の身の丈にあわないものからはじめても、長続きしません。
まずは、自分自身の行動を観察することからはじめてみましょう。


目次

第1章 成果の出る?時間の使い方・知識の得方(通勤時間を使って「すぐに仕事に
      入れる体制」会社で「自分の時間」をつくりなさい ほか)
第2章 大切な?仕事に対する姿勢(「戦友」とともに戦場を天国に変えなさい自分
      の「価値観」を確立しながら自己研鑽を図る ほか)
第3章 楽しむ?仕事の仕方(本質は5W1Hの視点で知る交渉力をつける ほか)
第4章 一番よくわかっている?自分のこと(考えてもわからないことを考える好奇
      心をかき立てなさい ほか)
第5章 見つめ直せる?自分の価値観(ゴールを描けぶれるな ほか)


□ 著者紹介
石原 洋(いしはら・ひろし)

1955年6月6日生まれ。神奈川大学卒業後、株式会社CSKを経て株式会社アシスト
に入社。システムエンジニアやデータベースエンジニアなどの職種を経て、現在
、主席コンサルタントとして活動。
アシストにおけるコンサルティング・サービス事業の立上げを推進。コンサルテ
ィング・メソッドのベースを開発。近年はさらなるサービス体系の強化とコンサ
ルティング・サービス事業の拡大に注力。二児の父。

◇著者関連サイト◇
http://www.ashisuto.co.jp/


□ 商品詳細
★ダウンロード版★
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048024700009
MP3 約294分 10ファイル 倍速付き 1,800円 (税込)

☆CD-R版☆
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775926642
CD 5枚約294分+倍速3枚約147分 2,625円 (税込)


□ 定本案内
タイトル:『上司や部下に小言を言う前に デキる リーダー養成講座』
     (2007年01月初版)
      
【定価】1,365円(税込) 
【ページ数】223ページ 
【ISBN】978-4-88166-819-6
【定本書籍出版社】ソーテック社HP:http://www.sotechsha.co.jp/


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

      *:.,.★ 北京五輪と通してみる中国の姿 ★.,.:*

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

2008年北京で開催されるオリンピックも開催まで、残すところ一週間をきりまし
た。中国は五輪開催が決定する以前より、さまざまな諸問題や疑惑にさらされ、
特にわが国日本では冷凍ギョーザやダンボール入り肉マンなど食品問題や偽ブラ
ンド問題で大変話題になりました。

自国では、なんといっても四川大地震の大規模災害。あと、チベット自治区問題
もあったりと、何もオリンピック開催年に立て続けに災難にあい、更に自分で自
分の首を絞めなくても。。。
と、見ているこっちが悲しい気持ちになってしまうほどの荒廃っぷり。けれど、
中国だって望んだ現実ではないんですから仕方ないが、それにしても酷すぎる情
勢。

そんな中、昨夜(30日夜)北京五輪会場であるメーンスタジアムにて開会式のリハ
ーサルが一般公開されました。会場内部の映像は報道NGのためメディアの露出が
一切なく、ただリハーサルをみた一般市民は意外と『すごくよかった。これなら
諸外国にみせるに恥じない』的なコメントをしていました。

と、言ってはいますが、いざ開会してから会期中に絶対に一度以上問題が起こる
気がします。

特に医療制度が最悪な中国、万が一北京五輪を観戦にいくようなことがある場合
には、怪我や病気にはならないように注意しなければなりません。なぜなら、中
国の病院は現金前払いが常識。しかも、診察してもらうまでに夏休みのディズニ
ーランド以上の待合時間で、尚且つ整理券がなければ当日診察はまず難しいなど
と、大変な有様です。なので、みなさん充分ご注意を。。

さて、4年に一度のオリンピックといえば世界各国の一流アスリートが集結する
スポーツの祭典、無事に始まり無事に終わってもらいたいものです。

あ、なんだか悪い印象のコメントばかりになってしまいましたが、実際は中国も
“五輪でエコ”と銘打って北京市で運行するバス2万台をCO2排出基準をクリアし
たものへ、また天然ガスで走るエコバス(約4000台)とやらを導入して頑張った
りしてます。

ただ、せっかく4年に一度の大舞台。選手ひとりひとりの勇姿が見れること切に
願って。


・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling