携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

いいかげんな落語
怪談図書館
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0110】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、
日刊オーディオブックをお読みいただきまして、
誠にありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□□■     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「本日のお薦め」は、アーサー・コナン・ドイル原作
『シャーロック・ホームズ「ボヘミアの醜聞」』のオーディオブックです。
(山下)


お待ちかね、ホームズのオーディオブック第3弾!

多大なる才と人並みならぬ観察力を駆使して、警察でさえ絶望的と
匙を投げた事件にも糸口を見つけ完璧に謎を解き明かす。

そんなホームズにも、まさか失敗することがあるなんて、
夢にも思わなかった…。

その相手は、アイリーン・アドラー嬢。


推理と観察にかけて、ホームズは世界一の完全無欠な機械である。
けれでも恋愛向きではない。斜に構えねば、人の情については語れない…。
以前は女性の浅知恵と冷やかしていたホームズも、
アイリーン・アドラーに触れたり、写真を引き合いに出したりする際には、
常に『あのお方』という敬称を使うのである。


いつもと違ったホームズの一面をオーディオブックで一聴!!!



今回はラストに、「another ending」を収録。
もう一つのエンディングを楽しむことができます。
お楽しみ満載の力作オーディオブックです!



………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………………………
□ タイトル:『シャーロック・ホームズ「ボヘミアの醜聞」』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048032200003


□ 内容
ホームズシリーズの記念すべき短編第1作にして最高傑作の朗読版。
ボヘミアの覆面紳士からの依頼にホームズが挑む。変装術を駆使した
捜査が冴え渡る。ホームズが「あのお方」と呼ぶアイリーン・アドラーの登場!
朗読は、七色の声を持つナレーター・佐々木健。
翻訳は、若き翻訳研究家大久保ゆう。
また、ゲストに声優 ANNを迎えての
ホームズオーディオブックシリーズ第3弾!

目次
1、演 繹
2、覆面のドイツ人
3、ワルシャワの女
4、潜入捜査
5、聖モニカ教会
6、ブライオニ荘
7、あのお方
8、another ending



□ 著者:
アーサー・コナン・ドイル(1859-1930)
エジンバラ生まれ。医師として開業後、ホームズものの最初の作品
「緋色の習作」を発表し、その後「ストランド・マガジン」にホームズものが
連載される。冷静で鋭いホームズとさえないが温厚なワトソンが難事件に挑む
このシリーズは70編近くある。1902年にはボーア戦争での医師としての活躍、
イギリスの参戦を正当化したなどの業績でナイトに叙される。
第一次世界大戦での息子の死後、心霊現象に関心を寄せる。ホームズの
シリーズが与えた影響は探偵小説にとどまらない。シリーズに関しては
詳細な研究がされており、シャーロッキアンと呼ばれるファンが世界中にいる。
ホームズものに関する辞典は何冊も出され、ホームズものを題材にした本もまた
数多い。ドイルによって書かれた「聖典」の他に、多くの作家が
パスティッシュやパロディを発表した。(青空文庫より)


□ 翻訳者:
大久保 ゆう
1982年生まれ。高校一年の時、コナン・ドイル「ボヘミアの醜聞」で翻訳を
はじめる。自ホームページ内ではコナン・ドイルのホームズ・シリーズを
はじめ、各種作品を翻訳しフリーテキストとして公開中。またサイト
Aufliteratur von Zeze で自作ミステリ・翻訳等も発表。
現在は、翻訳研究(Translation Studies)を大学院にて専攻、
理論や翻訳者の研究・翻訳文献の復刻・翻訳史の調査など行っている。
京都大学電子テクスト研究会世話人。




□ 商品詳細
[ダウンロード版] MP3 約60分 1ファイル 1,000円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048032200003

[CD版] 1枚/約60分 1,575円 (税込)
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775926901



□ 翻訳の底本:
Arthur Conan Doyle (1891) "A Scandal in Bohemia"
上記の翻訳底本は、著作権が失効しています。
挿絵:シドニィ・パジェット(1860-1908)
翻訳者:大久保ゆう
1998年12月初訳
2001年4月7日改訳
2008年3月12日修正
2008年3月12日ファイル作成
このファイルは、インターネットの図書館、
青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)に提供されています。
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で
ライセンスされています。上記のライセンスに従って、
翻訳者に無断で自由に利用・複製・再配布することができます。
翻訳者のホームページは、http://www.alz.jp/221b/ にあります。
作品・翻訳の最新情報やお問い合わせは、青空文庫ではなく、
こちらにお願いします。





■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
    【制作部雑記】  あのお方たち…  ...。o○...。o○
                ...。o○...。o○
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

昨夜、大きな地震が岩手県沿岸北部で発生しました。

地震列島に暮らすことの宿命とはいえ、やはり恐怖です。
岩手県沿岸北部の人たちのライフラインが心配です。

大地震。
東京に来る来る、とマコトシヤカニ囁かれながらも
今だ来ず。

以前、知人から聞いた話では、東京に大地震が来ると
大変なことになるから、喩えるなら風水師たちのような人が
東京に来るはずの地震を各地に散らしているのだ、ということでした。

真か偽かは分かりませんが、東京を避けて起こる各地の地震を見てると
真なのかも…、と思ったり思わなかったり…。
そして首都機能を守るためとはいえ、各地の被害に対してどうなのか…。

風水師たちはいつまで耐えることができるのだろうか?
体調は?
後継者は?


あのホームズでさえ、失敗することがあるのです。






・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・



「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling