携帯版 でじじへようこそ。

日本最大級のオーディオブック・電子書籍販売サイト でじじ

はじめての方へ:オーディオブックを聴くには商品の買い方よくあるご質問おトクなマンスリープラン

いいかげんな落語
怪談図書館
源氏物語(全五十四帖収録)
あなうさピーター
むかしばなし
小川未明童話全集
安岡正篤 人間学講話
でじじマンスリープラン 毎月1,500円で、お好きなオーディオブックを2冊ダウンロードできる!

≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

で じ じ の 日 刊 オ ー デ ィ オ ブ ッ ク 通 信  【No.0097】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
携帯 http://www.digigi.jp/i/
PC   http://www.digigi.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒・≒

オーディオブック出版のパンローリングが贈る、日刊オーディオブックを
お読みいただきまして、誠にありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ パ ン ロ ー リ ン グ の オ ー デ ィ オ ブ ッ ク
■□     -◆-◇ 本 日 の 一 冊!!  ◆-◇-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

岡田が推薦する一冊はこれです!

将来に不安を覚えて投資を始めようとする人も数多くいるかと思います。
今回の「日出る国の勝者たち」では、様々なメディアへ精力的に出演し、
相場という大枠において個人投資家が己の身を守るために必要十分な
アイディアやアドバイスをし続けている福永博之氏が登場。

一証券マンからスタートした福永氏のキャリアが、どうやって現在の
スタンスに色濃く反映されているのか、また顧客と営業と言う立場を離れ、
個人投資家の利益をどうやって増やし、資産を守るために何をしなければ
ならないのかという、福永式の気付きのコツを余すところなく喋っている
インタビューである。

いまからでも遅くない、負けない投資家への第一歩を踏み出す
Tipsを見つけていただきたい。


─────────────────────────────────
□ タイトル
『マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜 Vol.15』

※無料試聴サンプルはこちら↓
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2011062000004


□ 内容
「日本株が一番つらい時期に修行を積んだ」福永氏は、1990年代始め、
バブル崩壊と同時に証券マンとしてデビューします。顧客を増やしたい、
護りたいというスタンスから発想される投資アドバイスを背景に、
証券アナリストとして、そしてストラテジストとして、福永氏は
雑誌やTVなど、メディアの第一線で活躍し続ける証券コメンテーターです。
投資のための「ツールとロジックを理解し」、
その上で「未来を読み」こなすことが出来る投資家を育てることが使命である、
と考える福永氏が:

「自立した投資家」
「(相場の)未来を読む」

などの基本的な解説から、足元の投資環境や日本株の投資ストラテジー、
さらに商品や為替などの市場間分析など、明日から使える投資のヒントを
網羅的にコメントしています。
例えば、福永氏は、刹那的ではなく、「連続的な観点」から相場を
理解するすることで、その「未来」が見えてくる、と言い切ります。
その上で、相場テーマとしてのサブプライム問題の転換期と日本経済の
バブル崩壊期の転換タイミングを重ね合わせ、「未来」の見方を具体的に
示しています。相場展開を解釈するためのテクニックは、ごく普通の
リソースから、ごく普通のロジックで紡ぐことが可能なのです。

「自立した投資家」として「(相場の)未来を読み」、生き残ると同時に
相場で勝ちを収め続けていく要素が、満遍なく散りばめられたインタビューです。
投資環境や投資特性の現状把握に加えて、株式市場、商品、そして市場間の
動向展望など、多岐にわたる話題を、投資家教育の第一人者、福永氏が語り尽くした97分。


〜内容抜粋〜
Disk1
■ 投資教育サイト「アイトラスト」の目的・活動内容
・“自立した投資家”とは
・個人投資家について

■ 投資成功の秘訣
・未来を読むためには

■ 最近の相場テーマ
・サブプライム問題、金融機関の財務悪化

■ 投資ストラテジー

■ 日本市場の魅力

Disk2
■ 市場環境について
・新興市場
・商品市場
・経済情勢・景気予測

■ 投資を成功に導くための考え方
他


□ 著者紹介:
福永博之(ふくなが・ひろゆき)
株式会社インベストラスト 代表取締役。1988年日本勧業角丸証券
(現みずほインベスターズ証券)入社。 DLJdirectSFG証券(現楽天証券)
入社。マーケティングマネージャー、投資情報室長、楽天証券経済研究所
チーフストラテジスト、IFTA国際検定テクニカルアナリストを経て現職。
ラジオ日経の人気番組「和島秀樹のウィークエンド株!」でも
レギュラーパーソナリティを務める。またテレビ東京オープニングベル、
日本テレビNNN24や日経新聞等でもマーケットコメントを発信しており、
そのわかりやすい解説と分析力には定評がある。著書に、
『実力をつける信用取引』『ネット株・必勝テクニック』『信用取引入門』
『デイトレ&スイング 短期トレード完全攻略ノート』『365日株式投資ノート』
『儲けるための実践・株ドリル』などがある。


□ 商品詳細
・ダウンロード版
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2011062000004
MP3ファイル 約97分 2ファイル 900円 (税込)

・CD-R版
http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=9784775929582
CD-R2枚 約97分  1,260円 (税込)


□ 関連DVD案内
『DVD プロから学ぶ短期売買で勝つ方法〜
 デイトレーディングのすべてがわかる!〜』

講師:福永博之 出版:パンローリング DVD 本編105分収録 3,990円 (税込)
http://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=9784775990193



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
  (編集後記)
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

株式投資を始める時にまず「何をすればいいの?」と言う質問を、
友人などから聞くことがある。
「株式投資」と一口に言っても、普通の買い物と大きく違うのは、
比較検討対象、行為である「いつ」「どこ(ブローカー)で」「何を」
「どのくらい」買うのか、売るのかなど、さまざまな要素を
包括的ビジョンを持って始めなければいけない。

これが株式投資のイメージを敷居の高いものにしているのである。
つまり、自分で決めなければいけない要素が多いのである。

投資に失敗するパターンの一つとして、株雑誌などの推奨銘柄を
使えるお金の満額一杯に、お金があるとき(ボーナス時など)などの
タイミングもわからずに買ってしまい、損をすることが多いのである。

例えばここに200万円あったとする。
車を買うか、株式投資を始めるか。

同じ200万円を払うのに、二つの相違点を考えてみたい。

車:
「いつ」欲しい車があるならいつでも。
「どこで」ディーラーもしくはネットで。
「何を」欲しい車を。
「どのくらい」1台(オプションを比べたりすることはある)

※ポイント:
仕様用途は別として、購入に対し期待するものは
所有欲を満たすことに他ならない。

株式:(エントリーなので、売りから入る場合を省く)
「いつ」 安く売って高く売れるように、様々な指標や財務状況、
     相場のトレンドを判断して、適切なタイミングで。
「どこで」インターネットで手軽に発注できるような証券会社で。
「何を」 安く買って、かつ売りたいときに買い手が付く程度に
     出来高のある銘柄など。
「どのくらい」余剰資金の内最悪全て失ってもいい金額を。

このように、車がまず「欲しい車(銘柄)」ありきの購買行動に対し、
投資は銘柄ではなく利殖目的であるということ。

そのため、株式はその価値や変動値幅が車などに比べ、
数値化しやすため逆にその数値の判断方法によりプランを立てにくいのである。


今回お贈りした作品もそうだが、マーケットの魔術師〜日出る国勝者たち〜
シリーズが目指しているものが、そういった右も左も判らない投資家にも、
先人達の貴重なる失敗、成功例を通して、判断基準の一つになるような
お話をたくさん聞きだしている。

銘柄の選択法にも様々あり、はたまた投資する対象が株だけではなく、
その他の金融商品にも旨みやリスクがあることも教えてくれる。

あなたの虎の子を守り、殖やすための
始めの一歩を踏み出す手助けとなる番組である。

既に投資家のあなた。これから始める方。
気付きのきっかけとなってくれれば幸いである。



・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・


「こんな本をオーディオ化して欲しい」
「こんなインタビューが聞いてみたい!」
「ぼくの本・ブログをオーディオ化して欲しい」
オーディオブックに関するお問い合わせ・ご要望は。

パンローリング株式会社
マルチメディアコンテンツ制作部
http://www.digigi.jp/
info@digigi.jp


※ 本メールマガジンを今後、配信不要とされる場合は、誠にお手数ですが、
http://www.digigi.jp/bin/mainfrm?p=mailmag/index から
解除をお願いいたします。


------------------------------------------------------(C) Pan Rolling